巨人の菅野、中川、広島の曾澤が出場を辞退

 7月28日にドミニカ共和国と開幕戦を戦う東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」。悲願の金メダルを目指して、稲葉篤紀監督によって内定選手24人が発表されたが、不安の拭えぬ状況となっている。

 チームの大黒柱として期待されていた巨人の菅野智之投手が1日の広島戦で3回もたずに4失点でKO。2日に今季4度目の出場選手登録抹消となると、3日には内定辞退が発表された。もともと右肘の違和感で中17日を空けての復帰登板だったが、ストレートの球速が140キロ台前半と本調子ではないのは明らかだった。

 これで当初発表された内定選手24人から広島の會澤翼捕手、巨人の中川皓太投手、そして菅野と、辞退者は3人となった。エースとして計算されていた菅野、正捕手として期待されていた會澤、そして貴重な左のリリーフだった中川が欠けることになり、稲葉監督としては大きく計算が狂うことになったはずだ。

 不安要素はこれだけではない。故障で辞退となった中川の代役には、ソフトバンクの千賀滉大投手の選出が濃厚という。本来の実力でいえば、球界トップクラスで疑いはないものの、千賀は左足首の靱帯損傷で離脱し、まだ1軍では投げていない。ファームで調整登板した3軍戦でもまだ本調子ではなかった。週明けのロッテ戦で復帰する予定で、1軍の緊張感、集中力で投げればまた変わるのかもしれないが、現段階では“見切り発車”の感は拭えない。

ソフトバンクの千賀は左足首の靭帯損傷から復帰も1軍登板はまだなし

 この他にも投手では楽天の田中将大投手がここまで11試合で3勝5敗、防御率3.00、中日の大野雄大投手も12試合で3勝6敗、防御率3.47とピリッとしない。阪神の岩崎優投手は不調により一時登録を抹消され、6月18日に復帰したものの、同29日、30日のヤクルト戦で2試合続けて失点しており、万全とは言えない面々が多い。

 野手陣では會澤が故障のために辞退。代わって阪神の梅野隆太郎捕手が選ばれたものの、優勝した一昨年の「プレミア12」で正捕手としてマスクを被った會澤の不在は攻守ともに、かなり痛いはずだ。

 會澤のほかにも、広島の菊池涼介内野手が新型コロナウイルスの影響で2週間超、戦線を離脱。それまで.342という高打率を残していたが、復帰後は徐々に打率が下降し、3割を切るまでに。巨人の坂本勇人内野手も約1か月の離脱があり、復帰後もまだ本来の姿にない。

 特に投手陣に不安要素が多い日本代表チーム。五輪開幕まで残り1か月弱。ここから代表選手たちはどれだけ状態を上げてこられるだろうか。(Full-Count編集部)