5月30日の阪神戦で負傷し、都内の病院で6月23日に手術

 西武は5日、ドラフト4位ルーキー若林楽人外野手が6月23日に都内の病院で左膝前十字靭帯再建術を受け、無事に終了したと発表した。実戦復帰までには9か月を要する見込み。

 若林は今季途中からリードオフマンとして活躍していたものの、5月30日の阪神戦の守備中に左膝を負傷して途中交代。その後、左膝の前十字靭帯損傷と診断されていた。

 負傷離脱するまで44試合に出場し、打率.278、2本塁打10打点の成績を残し、リーグトップの20盗塁をマークしていた。(Full-Count編集部)