巨人、DeNA、阪神、ヤクルトが月間12勝をマーク

 2009年以来12年ぶりに交流戦を勝ち越したセ・リーグ。リーグ戦は徐々にAクラスとBクラスの間に“断層”ができつつある。そんなセ・リーグの6月の「月間MVP」をセイバーメトリクスの指標で選出してみる。

 選出基準は打者の場合、得点圏打率や猛打賞回数なども加味されるが、基本はNPB公式記録が用いられる。ただ、打点や勝利数といった公式記録は、セイバーメトリクスでは個人の能力を如実に反映する指標と扱わない。そのため、セイバーメトリクス的にどれだけ個人の選手がチームに貢献したかを示す指標で選べば、公式に発表されるMVPとは異なる選手が選ばれることもある。

 7日に発表された「大樹生命月間MVP賞」でセ・リーグは阪神の青柳晃洋投手、DeNAのタイラー・オースティン外野手が受賞した。では、セイバーメトリクスの指標ではどうなるか? 6月のセ・リーグ月間成績を振り返る。

〇巨人:12勝7敗3分
打率.250、OPS.752、本塁打30、援護率4.69
先発防御率3.53、QS率40.9%。救援防御率2.55

〇DeNA:12勝8敗2分
打率.302、OPS.831、本塁打24、援護率6.37
先発防御率5.42、QS率27.3%、救援防御率3.59

〇阪神:12勝10敗1分
打率.248、OPS.672、本塁打17、援護率3.94
先発防御率2.40、QS率73.9%、救援防御率4.07

〇ヤクルト:12勝10敗1分
打率.257、OPS.748、本塁打28、援護率4.96
先発防御率4.48、QS率43.5%、救援防御率2.61

〇中日:8勝13敗2分
打率.240、OPS.662、本塁打18、援護率3.65
先発防御率4.73、QS率45.5%、救援防御率2.57

〇広島:6勝16敗3分
打率.261、OPS.685、本塁打18、援護率3.89
先発防御率5.56、QS率44.0%、救援防御率3.27

 4球団が12勝をマーク。その中で躍進が目立ったのはDeNA。チーム打率.302、OPS.831と卓越した攻撃力を擁し、平均6点以上の援護をチームにもたらした。

 対照的に得点力を落としたのは中日と広島。平均3点台の援護では投手に負担を強いることになる。阪神も平均援護点が3点台に落ちたが、チーム防御率が2.88だったため、月間勝ち越しとなった。

 セイバーメトリクスの指標による6月の月間MVP選出を試みる。

オースティンはOPS1.361、打率406をマーク

【打者部門】

 打者評価として、平均的な打者が同じ打席数に立ったと仮定した場合よりも、どれだけその選手が得点を増やしたかを示す「wRAA」を用いる。

 各球団wRAA上位3人は以下の通り。

〇阪神:近本光司7.88、マルテ6.92、佐藤輝明4.73
〇巨人:岡本和真9.55、松原聖弥6.55、丸佳浩6.01
〇ヤクルト:村上宗隆10.47、山田哲人8.30、青木宣親7.65
〇中日:ビシエド6.07、桂依央利1.83、大島洋平1.30
〇DeNA:オースティン15.88、桑原将志9.76、佐野恵太4.09
〇広島:坂倉将吾1.61、林晃汰1.57、鈴木誠也1.56

 阪神の貢献度1、2位は近本とマルテ。1番と3番を任された2人が機能しているが、4番以降の攻撃力の落ち込みが目立っており、5月までの爆発力が影を潜めている。巨人では貢献度2位に松原が入った。1番打者として月間.390の出塁率を記録しただけでなく、長打率も月間.592とリーグ6位の数字を叩き出している。

 ヤクルトは2、3、4番を形成する3選手が順当に貢献度上位3位までに入り、安定の得点源となっている。中日は相変わらずビシエド頼み。広島は坂倉、林といった新進気鋭の若手の貢献が目立ったが、wRAAの数字としては低調で物足りない。

 6月に最もチームに貢献したことを示している選手はDeNAのオースティンだ。前月もwRAAではリーグ1位を記録していたが、今月もOPS1.361、打率.406、出塁率.506、長打率.855(すべてリーグ1位)、本塁打9(リーグ2位)と出色の数字を残した。よって、公式でも月間MVPを受賞したオースティンをセイバーメトリクスの指標による月間MVPに2か月連続で推挙する。

阪神・青柳との争いを制した中日・大野雄、決め手は内野フライ数

 投手評価には、平均的な投手に比べてどれだけ失点を防いだかを示す「RSAA」を用いる。ここでのRSAAは「tRA」ベースで算出。tRAとは、被本塁打、与四死球、奪三振に加え、投手が打たれたゴロ、ライナー、内野フライ、外野フライの本数も集計しており、チームの守備能力と切り離した投手個人の失点率を推定する指標となっている。

 各球団のRSAA上位3人は以下の通り。

〇阪神:ガンケル4.00、スアレス2.19、青柳晃洋1.85
〇巨人:メルセデス3.85、ビエイラ2.92、戸郷翔征2.08
〇ヤクルト:田口麗斗2.57、大下佑馬1.47、今野龍太1.18
〇中日:大野雄大4.46、小笠原慎之介1.35、又吉克樹1.13
〇DeNA:三嶋一輝2.51、浜口遥大1.45、阪口皓亮1.31
〇広島:玉村昇悟2.99、コルニエル2.82、島内颯太郎1.66

 公式の月間MVPでは阪神の青柳が選出された。登板4、4勝0敗、防御率1.20、WHIP0.90、被打率.185、QS率100%(すべてリーグ1位)、奪三振率7.20(リーグ3位)と素晴らしい成績を残しており納得の受賞だ。

 しかし、tRAによる投手評価で最もセ・リーグで高い数値を残したのは中日の大野雄大である。青柳のtRAが1.85に対し、大野は4.46である。この差がどこで生まれたかというと、内野フライの数の差にある。

 両投手の打たれた打球を分析する。

〇青柳:ゴロ55、内野フライ3、外野フライ26、ライナー3
〇大野:ゴロ38、内野フライ12、外野フライ27、ライナー4

 青柳はGB/FB1.72と、ゴロ率の高さが目立つ投球である。一方、大野のGB/FBは0.88であるが、そのフライの内容を見るといわゆるポップフライが多い。tRAでは運によってはヒットになるかもしれないゴロよりも、アウトにできる確率が高い内野フライを高く評価する傾向になる。その投球内容を鑑みて、公式の月間MVP受賞者である青柳ではなく、セイバーメトリクス目線で選ぶ6月の月間MVPには大野雄大を推挙する。鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、テレビ・ラジオ番組の監修などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。