1回戦から3試合の不利をモノともしなかった吉田正

「マイナビオールスターゲーム」第2戦が17日、仙台市の楽天生命パークで行われた。試合に先立ち行われたホームラン競争にはセ・パ両リーグのパワー自慢4選手が出場し、オリックスの吉田正尚外野手が初優勝した。

 この日は第1戦とは逆のブロックからスタート。オリックスの吉田正尚外野手が巨人の岡本和真内野手を下し、ヤクルトの村上宗隆内野手とソフトバンクの柳田悠岐外野手の対決は村上が勝利し、それぞれ準決勝進出を決めた。

 準決勝では先攻の吉田正が6本を放ち、5本を放った村上から逃げ切って決勝進出を決めた。

 吉田正と、第1戦の試合前に決勝進出を決めていた西武・山川穂高内野手との決勝は山川が先攻。4本に終わった山川に対し、吉田正は後半に猛烈な追い上げをみせギリギリのところで追いついた。

 さらに1分の休憩後に行われた延長戦、まずは山川が4本を追加し計8本。後攻の吉田正はこの日3試合目というハードスケジュールにも関わらず、残り10秒までに5本を追加し計9本。初制覇を果たし、賞金100万円を手にした。

 また平均打球速度が最も早かった村上には「日産リーフ賞」として電気自動車が贈られた。(Full-Count編集部)