ダブルヘッダー第2戦に先発、5回8奪三振2四死球で3失点

■タイガース 5ー4 ツインズ(日本時間18日・デトロイト・ダブルヘッダー第2試合)

 ツインズの前田健太投手は17日(日本時間18日)、敵地でのタイガース戦のダブルヘッダー2戦目に先発し、5回を3安打3失点で同点の状況で降板。後半戦初の先発マウンドで、今季5勝目とはならなかった。7回制の試合は3-3の同点で8回を迎え、ツインズがサヨナラ負けを喫した。

 初回に味方打線から1点の援護をもらった前田。3回に四死球と単打で2死満塁を招くと、1番のバドゥーに右翼へ走者一掃の適時三塁打を浴びた。しかし3回以降は盤石の投球で、3イニング連続で3者凡退に。5回に味方打線が同点に追いついた。打者20人に対して90球。8奪三振2四死球で防御率4.71となった。

 前半戦14試合に登板して4勝3敗、防御率4.66でシーズンを折り返した前田。負傷者リスト(IL)入りするなどアクシデントもあったが、後半戦のマウンドで白星を積み重ねていけるか注目が集まる。(Full-Count編集部)