6回8奪三振3安打無失点→右翼守備、打撃では187キロ二塁打を放った

■アスレチックス 4ー1 エンゼルス(日本時間20日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・アスレチックス戦で「2番・投手」で出場したが、メジャー自己最多5勝目はならなかった。投打同時出場は11度目。投球では6回8奪三振、3安打無失点と好投したものの、打線の援護がなかった。降板後は右翼の守備に就き、8回守備で退いた。打撃では4打数1安打で打率.277。チームは大谷の降板後に大量4失点。2連敗で借金1となった。

 初回は3者凡退に抑え、2回は1死二塁からチャップマン、ラウレアーノと2者連続三振に切り捨てた。3回1死二、三塁ではアンドラスを空振り三振、大砲・オルソンを二ゴロに。2イニング連続で得点圏のピンチを防いだ。4、5回と3者凡退に抑え、6回は2死から走者を出したものの、得点を許さなかった。6回8奪三振1四球、3安打無失点と好投。最速は99.3マイル(約159.8キロ)、防御率は3.21となった。

 バットでは初回無死二塁で中飛。3回2死一塁では打球速度115.9マイル(約187キロ)の中越え二塁打を放ったが、一塁走者・フレッチャーが本塁タッチアウトとなった。6回1死一塁は空振り三振、8回2死一塁は三飛に倒れた。2戦連発とはいかなかった。(Full-Count編集部)