大谷と前田の2年ぶり対決は3打数0安打2三振で前田に軍配

■エンゼルス 3ー2 ツインズ(日本時間23日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地のツインズ戦で「2番・指名打者」で先発出場し、4打数無安打3三振に終わった。前田健太投手は今季最長の7回を投げて7安打3失点と力投したものの、試合はエンゼルスが勝利。大谷はノーヒットに終わり、前田も5勝目はならなかった。

 2年ぶりとなった大谷と前田の対戦。初回無死一塁での対決では90.2マイル(約145.1キロ)のフォーシームにバットが空を切り空振り三振に。4回先頭での第2打席は外角を攻められてニゴロに倒れた。5回2死は外角低めスプリットに空振り三振に倒れた。

 前田が降板した後の8回1死の第4打席でも左腕の前に空振り三振に倒れ、この日は4打数無安打3三振に終わった。1試合3三振以上は今季10度目となった。

 大谷を3打数無安打に抑え込んだ前田は4回まで無失点と好投。だが、5回に1死二、三塁とされると、9番のメイフィールドに痛恨の逆転3ランを被弾。7回までマウンドに立ち力投したものの、敗戦投手となり、今季4敗目を喫した。(Full-Count編集部)