USAトゥデイの記者がハマスタの球場スタッフを次々“インタビュー”

 東京五輪の野球競技で連日熱戦が繰り広げられる中、海の向こうではエンゼルスの大谷翔平投手がシーズン後半戦も躍動している。五輪取材で来日している米紙「USAトゥデイ」のクリス・ブームバッカ記者は、取材の合間に日本での大谷フィーバーを“現地調査”。競技会場となっている横浜スタジアムのスタッフに、大谷について聞き回ったことを報告している。

 ブームバッカ記者は記事で、“調査”の内容を報告。「どれだけ愛されているか確認するために、私は空っぽの横浜スタジアムを歩き回った」と綴り、ノートに「OHTANI」と書いて球場スタッフに見せて回ったという。「アメリカ人のジャーナリストがペンと紙を手に熱心に近づいてきたら、彼らが警戒しためらうのも理解できる」としながらも、日本人スタッフの親切さに驚いたことを伝えた。

 ノートを見せると、一様に日本人たちの表情は明るくなり「ショウヘイ! イエス!」と反応。ひとりの女性は、「彼は私たちのヒーローです」と話したという。一方で、週末のデーゲームは日本時間の早朝に始まるため、大変だとの声もあったとか。

 さらにその女性は、他の選手との違いを「笑顔」だとも説明。現在37本塁打で両リーグ単独トップを快走しているだけに、本塁打王の獲得を期待する声が多く寄せられていたという。米国にも勝るとも劣らない母国・日本の熱気をブームバッカ記者は実感を持って伝えていた。(Full-Count編集部)