打撃陣好調のロッテ、前半戦首位のオリックスに迫る

 東京五輪によるリーグ戦中断明けの8月、パ・リーグでは前半戦首位のオリックスが7勝4敗と好調ながら、それ以上にロッテが貯金を重ねた。8月終了時点で両チームのゲーム差は1.5まで接近、1位から4位のソフトバンクまで優勝戦線に加わる大混戦の様相だ。そんな混戦のパ・リーグで8月に活躍した選手をデータから探り、月間MVPをセイバーメトリクスの指標から選出してみる。

 まずは8月のパ・リーグ6球団の月間成績を振り返る。

○ロッテ:9勝4敗2分
打率.263、OPS.731、本塁打14、援護率3.10
先発防御率4.33、QS率40.0%、救援防御率1.87
○オリックス:7勝4敗2分
打率.263、OPS.692、本塁打8、援護率3.20
先発防御率3.60、QS率41.7%、救援防御率2.20
○楽天:5勝6敗2分
打率.243、OPS.672、本塁打10、援護率3.87
先発防御率3.93、QS率46.2%、救援防御率2.77
○ソフトバンク:5勝6敗3分
打率.251、OPS.655、本塁打7、援護率3.03
先発防御率2.04、QS率64.3%、救援防御率3.89
○日本ハム:4勝5敗4分
打率.214、OPS.598、本塁打6、援護率3.58
先発防御率3.07、QS率46.2%、救援防御率3.32
○西武:4勝9敗3分
打率.241、OPS.680、本塁打12、援護率4.17
先発防御率4.32、QS率25.0%、救援防御率2.82

 月間首位のロッテは打撃陣が好調だ。チーム打率、本塁打数、OPS、1試合平均得点でリーグ1位。投手陣が好調だったのはソフトバンクで、月間のチーム防御率、QS率、奪三振率、被打率、被OPSがリーグ1位。特に奪三振率10.68、被打率0.198は、チームの数字としては圧巻である。

 NPB公式では、7月と8月の成績の合算で月間MVPを選出するが、ここではリーグ戦再開後の8月のみの成績で8月の月間MVPの選出を試みる。

低迷の獅子打線の中、5割近い打率誇る森友哉が打者貢献度トップ

 打者部門の評価として、平均的な打者が同じ打席数に立ったと仮定した場合よりも、どれだけその選手が得点を増やしたかを示す「wRAA」を用いる。各チームのwRAA上位3人は以下の通り。

○ソフトバンク:栗原陵矢6.81、柳田悠岐3.35、牧原大成1.58
○ロッテ:藤原恭太5.89、マーティン3.273、安田尚憲3.269
○西武:森友哉7.71、外崎修汰4.12、川越誠司2.07
○楽天:島内宏明4.92、鈴木大地2.82、茂木栄五郎1.77
○日本ハム:近藤健介2.56、野村佑希1.87、清水優心0.29
○オリックス:杉本裕太郎5.53、安達了一2.89、吉田正尚2.38

 好調だったロッテの攻撃陣を牽引したのは藤原と安田であり、OPSも安田1.040、藤原0.970と高水準である。合流は遅れたもののマーティンもOPS1.197とチームに貢献している。また中村奨吾、山口航輝もOPS0.8超えで、切れ目のない打線を形成している。

 オリックスでは杉本の貢献が目立つが、ここまで大きく貢献してきた吉田正の数値低下が気になる。さらに吉田正は9月5日に左ハムストリングスの筋損傷のため出場選手登録を抹消され、連続試合出場が512でストップした。

 8月のパ・リーグで、打撃による貢献が最も大きい打者は、西武の森である。本塁打こそ0本だったが打率.476、出塁率.585、11四球、OPS1.133がリーグ1位。また盗塁も2回企図して2回成功させており、低迷する西武打撃陣で1人気を吐いている。NPB公式でも7、8月の月間MVP最有力候補だが、セイバーメトリクスの指標による評価でも8月の月間MVPに推挙すべき選手である。

今月も高レベルの山本由伸、さらに上回る数値を叩き出した投手が…

 投手部門の評価には、平均的な投手に比べてどれだけ失点を防いだかを示す「RSAA」を用いる。ここでのRSAAは「tRA」ベースで算出。tRAとは、被本塁打、与四死球、奪三振に加え、投手が打たれたゴロ、ライナー、内野フライ、外野フライの本数も集計しており、チームの守備能力と切り離した投手個人の失点率を推定する指標となっている。

各チームのRSAA上位3人は以下の通り。

○ソフトバンク:石川柊太5.68、スチュワート・ジュニア3.94、マルティネス3.28
○ロッテ:佐々木朗希1.494、中村稔弥1.487、田中靖洋1.36
○西武:平井克典1.74、森脇亮介1.50、ギャレット1.47
○楽天:早川隆久1.87、西口直人1.42、ブセニッツ1.41
○日本ハム:上沢直之5.35、バーヘイゲン2.56、伊藤大海1.97
○オリックス:山本由伸4.61、宮城大弥1.89、平野佳寿1.47

 7月の月間MVPに選んだ山本由伸は今月も異次元の活躍を見せた。ただそれに負けず劣らずの活躍を見せたのが石川柊太(ソフトバンク)と上沢直之(日本ハム)だ。登板数は山本が2試合、石川と上沢は3試合。

○山本由伸:QS2回、HQS2回、2勝0敗、防御率0.50、WHIP0.44、被打率0.117、被OPS0.348、奪三振率9.50、FIP1.56、tRA1.44
○石川柊太:QS3回、HQS2回、1勝0敗、防御率1.74、WHIP0.77、被打率0.132、被OPS0.371、奪三振率10.89、FIP1.52、tRA1.27
○上沢直之:QS3回、HQS2回、2勝0敗、防御率1.74、WHIP0.97、被打率0.221、被OPS0.536、奪三振率9.58、FIP1.08、tRA1.42

 特に、チームの守備能力と切り離した投手個人の失点率を推定するtRAで、2人は山本よりも良い数値を示している。RSAAが上回ったことと、好調ソフトバンクの投手陣を牽引した貢献度を加味して、8月のセイバーメトリクスの指標による月間MVPには、石川柊太を推挙する。鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、テレビ・ラジオ番組の監修などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。