「9番・DH」でプロ初出場

 ヤクルトのドラフト1位ルーキーの村上宗隆内野手が18日、本拠地の神宮球場で行われたオープン戦で1軍デビューを果たし、いきなりプロ初安打をマークした。

 この日「9番・DH」でスタメンに名を連ねたドラ1ルーキー。3回2死で立った初打席。ソフトバンクの先発・武田翔太のチェンジアップに食らいついた打球は高くバウンドし、投手の頭上を越えた。遊撃・今宮がイレギュラーしたバウンドをキャッチしたが、送球できず内野安打を示す「H」のランプが灯った。

 九州学院高からドラフト1位で入団した高卒ルーキーが、プロ初の1軍の舞台で、いきなり初安打を放った。(Full-Count編集部)