プロ野球ドラフト会議は10月11日、提出締め切りは9月27日

 日本高野連が発表している「プロ野球志望届」提出者には12日現在、83人の名前がある。高校生が10月11日に行われるプロ野球ドラフト会議で指名を受けようとすれば志望届を提出する必要があり、会議の2週間前となる27日に提出は締め切られる。

 北から見ていくと、北海の木村大成投手は最速150キロを投げる左腕だ。夏の甲子園では神戸国際大付を相手に2失点完投したものの、惜しくも敗退。すぐにプロ入り希望を口にした。バッテリーを組む大津綾也捕手も志望届を提出しており、行方に注目だ。

 昌平(埼玉)の吉野創士外野手は、高校通算56本塁打を誇る長距離砲。今夏は埼玉県大会の決勝で浦和学院に敗れ、甲子園に立つことはできなかったものの、素質は高く評価されている。

 八王子の左腕・羽田慎之介も進路が注目されていた選手だ。身長191センチの恵まれた体格から、最速149キロのボールを投げ込む。今夏は肘の故障を抱えていたことから1球も投げずに終わったものの、スカウトからは「素材は上位級」との声が上がっていた。

 神奈川からは立花学園の右腕、永島田輝斗(きらと)。今春に投手デビューしたばかりだが、最速150キロを誇る。まさに原石と呼ぶにふさわしい存在だ。

高校トップクラスのバッテリー、市和歌山の小園&松川はどこへ

 中部地方では最速152キロを誇る中京大中京の畔柳亨丞投手に注目が集まるが、甲子園に出場した愛工大名電の2人も高い実力の持ち主。田村俊介投手は投打両面で活躍し、最速145キロ、高校通算32発を誇る。寺嶋大希投手は最速148キロ、スライダーのキレはスカウトからも高く評価される。

 近畿では市和歌山の小園健太投手と松川虎生(こう)捕手。小園は最速152キロを誇る右腕。高い制球力を併せ持ち、完成度では高校生投手ナンバーワンとの評価も。バッテリーを組む松川にも高校ナンバーワン捕手と評価する声がある。

 広島新庄の右腕・花田侑樹投手は実戦派だ。最速144キロの直球とスライダーを中心とした変化球をテンポよく投げ込む。甲子園では横浜を相手に7回途中まで5安打無失点の好投を披露した。

 また高知の森木大智投手は最速154キロを誇る右腕。夏は高知県大会の決勝で明徳義塾に敗れ、甲子園の土を踏むことはかなわなかった。伸びしろを含めた素材としては高校生ナンバーワン投手と評する声も多く、1位指名が有力視される。(Full-Count編集部)