オリックス・宗佑磨、“滅多に見られないレベル”のメジャー級送球

■楽天 4ー1 オリックス(14日・楽天生命パーク)

 オリックスの宗佑磨外野手が14日、楽天生命パーク宮城での楽天戦で、ワールドクラスの身体能力でスタンドを沸かせた。「2番・三塁」でスタメン出場。三塁線への痛烈な打球に反応し、“ほぼ左翼ファウルゾーン”から披露した衝撃のノーバウンド送球に、ファンからは「メジャーでしか観たことないわこんなん」との声が上がった。

 3回2死走者なしで、楽天・浅村が引っ張った打球は、三塁線ぎりぎりで左翼に抜けるかと思われた。しかし、宗は追いついて逆シングルで捕球すると、かなり深いファウルゾーンから鬼肩を発動。一塁への送球は唸りを上げ、アウトにしてみせた。

 このシーンを「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【滅多に見られないレベル】宗佑磨『メジャー級の送球』」と題して動画を公開。ファンからは「あの打球を捕るだけでも凄いのにそこからノーバン送球でアウトにできるのがもう意味わからん」「メジャーから来たんじゃないかってくらい守備上手いな」「え?ノーバン??笑」などとコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)