本塁打トップのゲレーロJr.も不発、3位ペレスは大谷に1本差に迫る43号

■Wソックス 9ー3 エンゼルス(日本時間15日・シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地・ホワイトソックス戦で「2番・指名打者」で先発出場したが、4打数無安打に終わった。3試合連続でノーアーチ。試合後、ジョー・マドン監督は「ストライクゾーンを再整理すること、そしてセンター方向を意識することが大事だ。たとえ詰まってしまうことがあってもね」と復調のポイントを力説した。

 大谷のバットから快音が響かなかった。右腕ジオリトと対戦した初回1死は空振り三振し、4回先頭は見逃し三振。5回1死二塁は2番手右腕ライトJr.から四球で歩かされ、7回先頭は変速左腕バマーに三ゴロに打ち取られた。9回1死は左腕フライに空振り三振。復調を願うマドン監督はまくしたてるように言葉をつないだ。

「以前も同じ状況になったことがある。引っ張りすぎていて、ストライクゾーン外の球にも手を出してしまっている。誰にとってもストライクゾーンを再整理することは大事なことだ。もう1つはもっとセンター方向を意識すること。そうすれば引っ張りすぎることはない。時には詰まってしまうこともあるかもしれないが、それは悪いことではない」

 両リーグ最多45本塁打のブルージェイズ・ゲレーロJr.内野手は4打数無安打に終わり、44本の大谷との差は1本のままだ。3位のロイヤルズ・ペレスが43号を放って1本差に。スラッガー・大谷の復活が待ち遠しい。(Full-Count編集部)