2戦連発中のゲレーロJr.だったが、この日は快音聞かれず

■レイズ 2ー0 ブルージェイズ(日本時間15日・トロント)

 ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手は14日(日本時間15日)に行われた本拠地でのレイズ戦に「3番・一塁」で出場し、4打数無安打に終わった。3試合連続の本塁打は出ずに不発に終わり、エンゼルスの大谷翔平投手との差は1本差のまま変わらなかった。

 12日(同13日)のオリオールズ戦、13日(同14日)のレイズ戦と2試合連続で本塁打を放ち、大谷を抜いて本塁打数単独トップに立ったゲレーロJr.。この日は初回の第1打席で遊ゴロ併殺打に倒れると、4回の第2打席でもセンターへのライナーに倒れて凡退した。

 6回の第3打席も遊撃へのフライに終わり、2点ビハインドで迎えた9回も三ゴロ凡退。チーム全体もレイズ投手陣の前にわずか3安打に封じられて、無得点で敗れた。(Full-Count編集部)