巨人・井納は5月に2軍降格、中日・山井は2軍で7勝も…

 ペナントレースも終盤に差し掛かり各球団の“位置”もそろそろ見え始めてきた。Aクラス争いから脱落したチームは来シーズンに向け若手の起用に舵を取ることもある。そんな中、現在2軍暮らしが続くタイトルホルダーや、実績豊富な主な選手たちを見ていこう。

 リーグ3連覇を目指す巨人ではFA移籍で加入した井納翔一投手。開幕当初は先発ローテとして期待されたが、結果を残せずリリーフに回り、その後は5月に2軍降格。約4か月、1軍での出番が回ってこないのが現状だ。陽岱鋼外野手も8月28日に初の1軍昇格を果たしたが、7試合に出場しただけで9月12日に再び降格となっている。

 首位を走る阪神では先発の一角として期待されたチェン・ウェイン投手。5月7日のDeNA戦を最後に1軍のマウンドから遠ざかっている。左肩痛を発症し6月20日の巨人戦以降、2軍でも登板がなく残りシーズンで1軍復帰できるかは不透明な状況だ。

 中日では球界最年長の山井大介投手。43歳の大ベテランはここまで1軍登板はなく、2軍では17試合に登板し7勝4敗、防御率4.11。2014年に13勝、勝率.722で2冠に輝いた右腕の出番は訪れるのだろうか。

シーズン最多60本塁打の記録を持つソフトバンクのバレンティン

 日本シリーズ4連覇を狙うソフトバンク。移籍2年目のウラディミール・バレンティン外野手は今季もここまで4本塁打で6月25日に登録を抹消された。ヤクルト時代はシーズン最多60本塁打を放った大砲はこのまま終わってしまうのだろうか。

 2度の最多勝を獲得するなど巨人のエースとして活躍し2018年に西武に移籍したのが内海哲也投手。今季は交流戦で2試合に登板し1勝0敗、防御率7.71。6月以降、出番はなくファームでは11試合に登板し5勝2敗、防御率3.60の成績を残している。

 その他ではオリックス時代に沢村賞を獲得した日本ハムの金子弌大投手は1軍で6試合に登板し0勝3敗、6月以降は2軍で調整中、昨年オフにFA宣言し残留したロッテの松永昂大投手は2軍での登板もない状況が続いている。リーグ3連覇に貢献した広島の今村猛投手は1軍登板なし、中崎翔太投手は交流戦で1軍の試合に登板したが、4試合で防御率13.50と結果を残せなかった。ゴールデングラブ賞を3度受賞している楽天の藤田一也内野手もここまで1軍出場がない。(Full-Count編集部)