12球団トップの得点数、持ち前の打力&走力で勝利を呼び込む

 2021年シーズンも終盤に差し掛かり、試合数も残り約30試合となった。ロッテは9月16日時点で2位オリックスと3.5ゲーム差で首位に立った。ここまでの戦いを振り返ってみると、開幕5連敗を喫してスタートダッシュに失敗したが、その後巻き返して前半を3位で折り返し、今月に入って首位に。ここまでの戦いを振り返る。(成績は9月16日試合終了時点)

 ロッテの強さの一番の理由として挙げられるのは、圧倒的な打力だ。ここまで12球団トップの計496得点。リーグ2位のオリックスは441得点で、55点差をつけている。不動のリードオフマン・荻野貴司外野手の後にレオネス・マーティン外野手選手、中村奨吾内野手、ブランドン・レアード内野手が並ぶ打線が機能している。荻野は今季一度も離脱することなく1番に座り、リーグトップの136安打を記録。中村奨もリーグ5位タイの119安打をマークしている。

 そして、マーティン、レアード、中村奨、安田尚憲内野手が50打点以上を記録しているだけでなく、得点数も荻野、マーティン、中村奨がリーグトップ5に入っており、上位が出塁して主軸が本塁にかえすという理想の形ができている。

 レアードとマーティンを筆頭に長打力も上がり、昨季は120試合で90本塁打だったが、今季は111試合でリーグトップタイの104本塁打を放っている。盗塁数も断トツの93盗塁。代走出場の多い和田康士朗外野手がリーグ2位の22盗塁、岡大海外野手が11盗塁を記録しており、試合終盤の得点力アップに貢献している。

救援陣が充実、唐川が離脱も佐々木千&国吉らが穴を埋める

 次に投手陣に目を向ける。チーム防御率3.76はリーグ5位だが、試合を重ねるにつれて救援陣の安定感が増してきた。佐々木千隼投手は今季、44試合に登板して8勝0敗20ホールド1セーブ、防御率1.15。球宴にも初出場するなど、5年目にしてついに“覚醒”した。6月にDeNAからトレード加入した国吉佑樹投手の存在も大きい。勝ちパターンの一角を担い、15試合2勝0敗10ホールド、防御率1.20と活躍している。

 佐々木千らの台頭により、勝利の方程式を担っていた唐川侑己投手、フランク・ハーマン投手らの負担が減った。故障離脱した唐川の穴を埋められたことが、勝利を重ねた要因と言えるだろう。守護神・益田直也投手の存在も大きい。開幕戦から2連敗もその後は安定感を取り戻し、リーグ最速の30セーブを記録すると、9月8日には通算150セーブを達成。ここまで56試合1勝4敗33セーブ、防御率1.69をマークする“鉄腕”の存在は大きい。

 前半戦は石川歩投手、二木康太投手、美馬学投手ら主力先発陣が本領発揮できずにいたが、岩下大輝投手や小島和哉投手ら若手が踏ん張った。後半戦に入ると、シーズン途中に加入したエンニー・ロメロ投手が4試合で1勝0敗、防御率1.54と安定感ある投球をみせ、シーズン途中に中日からトレード加入した加藤匠馬捕手もチームに大きく貢献。後半戦でスタメンマスクを被った21試合は13勝3敗5分と、新戦力がチームの起爆剤になっている。

 失点をカバーする強力打線、リードを守る鉄壁のブルペン陣を武器に、ロッテは16年ぶりの優勝に手が届きそうな位置までこぎつけた。投打ともに好調をキープし、栄光をつかめるか。熱き戦いはまだまだこれからだ。(「パ・リーグ インサイト」下村琴葉)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)