セ・リーグで「WAR」トップは野手が鈴木誠也、投手は柳裕也

 優勝争いもいよいよ佳境に入ってきた2021年のプロ野球ペナントレース。セ・リーグは阪神が2位のヤクルトに2ゲーム差をつけて首位に立ち、パ・リーグはロッテがオリックスに3.5ゲーム差をつけて独走体勢に入りつつある。残り試合数は30試合ほど。優勝争いとともに、気になるのは各種タイトルや賞レースの行方だろう。

 さまざまなタイトルもさることながら、今季に限れば、その行方を予想するのが難しいのがMVPではないだろうか。1年間で最もセパ両リーグで活躍した選手が選ばれるMVPだが、今季はその争いが混沌としている。ここでは、選手の総合的な貢献度を表す「WAR」を用いて、MVPの行方を占ってみよう。なお、セイバーメトリクスの指標などで分析を行う株式会社DELTAのデータ(9月17日現在)を用いた。

 まずは阪神が首位に立つセ・リーグだ。

 阪神が首位に立ち、ヤクルト、巨人が追う形になっているここまでのセ・リーグ。打者で「WAR」トップに立つのは広島の鈴木誠也外野手とヤクルトの村上宗隆内野手で「5.7」。ヤクルトの山田哲人内野手(4.9)、DeNAのタイラー・オースティン外野手(4.8)が続き、阪神のトップは近本光司外野手(4.7)、巨人のトップは坂本勇人内野手(3.7)となる。

 投手で貢献度が最も高いのは中日の柳裕也投手でWARは4.0。巨人の戸郷翔征投手(3.3)、ヤクルトの奥川恭伸投手(3.3)が柳を追い、青柳晃洋投手(3.1)、ジョー・ガンケル投手(3.0)、西勇輝投手(3.0)と阪神勢が続く。優勝を争う阪神、ヤクルト、巨人勢にも候補となる選手はいるものの、傑出した成績ではなく、決定打に欠く印象は拭えないか。

パ・リーグは野手が森友哉、投手は山本由伸

 では、パ・リーグを見てみよう。

 ロッテが首位を快走するパ・リーグの野手でWARトップは西武の森友哉捕手。12球団の野手でトップの「6.0」を叩き出している。2位はソフトバンクの柳田悠岐外野手(5.8)で、西武の源田壮亮内野手(5.1)、楽天の浅村栄斗内野手(4.1)と続く。首位ロッテのトップは中村奨吾内野手(4.1)、2位はレオネス・マーティン外野手(4.0)となる。

 投手ではオリックスの山本由伸投手が野手を含めてもダントツの6.7。投手3冠の可能性もあり、MVPの最有力候補と言える。ソフトバンクのニック・マルティネス投手(4.0)、日本ハムの上沢直之投手(3.7)、日本ハムの伊藤大海投手(3.6)、オリックスの宮城大弥投手(3.6)と続き、首位ロッテでのトップは鈴木昭汰投手(1.9)。これに佐々木朗希投手(1.7)、岩下大輝投手(1.6)、益田直也投手(1.5)と続く。

 顔ぶれを見ると、両リーグともに、リーグ優勝球団からMVPが選出されない可能性も十分にありそう。セパ通じて、優勝チームからMVPが選出されなかったのは過去に12人(セ3人、パ9人)いるが、同一シーズンでセパ両リーグと優勝チーム以外からMVPが選ばれたことはない。史上初の珍事となるか、MVPレースの行方も注目だ。(Full-Count編集部)