8回10奪三振5安打2失点と好投「打たれたのが本塁打。前回に続いて反省点」

■アスレチックス 3ー2 エンゼルス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地・アスレチックス戦で「2番・投手」で出場して8回5安打2失点の力投。10三振を奪ったが、10勝目はならなかった。両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打はお預け。勝ち負けは付かなかった。フォーシームの最速は99.0マイル(約159.3キロ)。防御率3.28となった。チームは延長10回で敗れた。

――投球を振り返って。
「全体的にコマンドが良かったです。打たれたのが本塁打になっているので。そこら辺は前回に続いて反省点かなと思います」

――スプリットが多かった。投球割合の51%を占めた。
「もうシーズンも最後の方なので。いろいろと投げながらいきたいなと思っています。シーズンを健康で最後まで終わるのが一番の目標ではあるので。その中で負担のかかる球、かからない球といろいろとありますけど、シーズンの中でトータルとして見た時に。全体の球種を抑えるところもあると思う。今日は残り試合数も少ないので、そういう意味で多めに投げました」

――15日にキャッチボールで右腕に張りが残っていると。もう投げられないことがよぎったか。
「いや、そんなことはないですね。多少、張りがかえってくるのが遅かったので、一応報告した感じです」

――最速99マイルも出た。右腕の張りは。
「問題はなかったですね。球数的に抑えられたら9回もいきたかったぐらいなので。全体的にそういう感じかなと思います」

――チームはポストシーズン争いから外れている。投げ続けるモチベーションはどこからか。
「個人的には投げないと成長できないというか。もちろん今年で終わるわけではないですし、来年以降ももちろん、どんどんどんどん投げ続けたいなという意欲はあるので。1試合1試合より来年につながるように。チームもそういう方針だと思うので。正直、辛い9月ではあるかなと思いますけど、こういう9月を過ごしたくないと思って、また来年頑張れるように。残り試合数頑張りたいなと思います」

――本塁打王をどれぐらい気にしているか。まだ取れるという自信は。
「もちろん取りたい気持ちはあるっちゃありますし、残りももう少ないので。取りたいなという気持ちもありながら。1打席1打席いい感覚で。最後いい感覚で終わるか、悪い感覚で終わるか。来年以降のオフの取り組みも変わってくるので。まずはいい打席を増やしたいなというのが一番かなと思います」

ゲレーロJr.、ペレスとの本塁打王争い、意識しないことは「もったいない」

――1か月は引っ張りの打球が増えている。
「単純に甘い球が少ないというのが一番かなと思うので。打線の中で戦っているので、勝負するところ、しないところ。いろいろとあると思いますけど、その甘い球の絶対数が少ないので。いい打撃をするのはなかなか難しいかなと思いますけど、自分の成長のためだと思って。そこでも成績を残せるように工夫しながら頑張りたいなと思います」

――右腕に違和感を覚えたのは、具体的には右肘の張りということか。
「違和感っていうか、そうですね。張りがある自体は普通なので、中5日、中6日と1日1日、元の状態に戻ってくる感覚というか。そういうのがちょっと遅いかなという風に感じたので、それを(チームに)報告はしました」

――張りは右肘だけだった。
「そうですね」

――張りが抜けなかったことはスプリットを多投した理由になるか。スプリットは右肘に負担が少なく、スライダーは負担が増えるなど。
「それはそんなになかったですかね。試合前の張り自体は完全にいつもの感じに戻っていたので。単純に全体的な疲労もあると思いますし、元の状態に戻るのが少し遅いかなと感じたくらいかと思います」

――本塁打王争いを意識したいと前回登板後に発言したことについて。
「そもそも良い打者の人たちが周りでそうやって競っているので。単純にそういう人と競り合いながらやれること自体、まず少ない機会だと思うので。(意識しなければ)もったいないとは思いますね」

――打たれた本塁打はストライクゾーンで勝負したから仕方なかったか。反省すべき点は。
「結果的に本塁打になっているところでいうと反省すべきところだなとは思いますし、打たれるのを嫌がって、隅、隅というか四球でもいいぐらいの感じで投げるのも全体の投球を考えると、消極的かなと思うところもあるので。そこを折り合いをつけながらやるのも先発の仕事だと思うので。シングル(ヒット)で終わるのか本塁打になってしまうのか。全然違うところもあるので、そういう意味では良い投球ではなかったなと思います」

「試合にこうやって多く出るのも4年間で初めてなので。最後まで健康で出続けて終わるのが一番」

――登板回避後は打者専念する選択肢もあった。
「そもそもこの後、休むような状態ではないですし、大事を取ってという感じなのかなと思うので。最後まで投げて打ってやり切りたいなっていうのが一番かなと思います」

――マドン監督は打撃の状態が上がらないことについてボールの見極めも指摘していた。
「枠の外とか、枠の隅っことか、結構多くなってきている。単純に見極めが難しいゾーンにあるかなと思うので。打撃自体も強引になっているところもあるので、しっかり自分の形で打てれば多少、隅でもヒットになる確率は上がるのかなと思います」

――残り登板が少ない中、10勝への思い。
「もちろん勝ちたいなという気持ちは常に持っていますし、勝つということはチームがリードしている状態でマウンドを下りるということなので。それだけゲームをコントロールして降りているっていうことではあるかなと思うので。今日みたいにああやって先制点を与えてしまって打線としてもいい流れではないとなると、なかなか8回を2失点で抑えても勝てないのかなと思うので。そういうゲームを多く作れるように。残り何試合あるか分からないですけど頑張りたいなと思っています」

――単純に今日の登板は楽しかったかどうか。
「どっちもありますかね。もちろん良い打線なので、どのくらい投げられるのかなっていうのもありますし。単純に自分が投げているボールの良し悪しを判断しながら、試合をコントロールできる面白さも、もちろんあるので。それはどちらもあると思います」

――ベーブ・ルース以来の記録に挑んでいる。世界一の選手に近づいている感覚は。
「確実に成長はしていると思うので、それは自分でも実感していますし。こうやって高いレベルの中でやらせてもらって、日本にいるだけではこうやってここまでの経験はできなかったと思うので。それは凄い感謝しています」

――1年間、先発ローテーションを守ることの難しさは。
「ローテを守るのもそうですし、試合にこうやって多く出るのも4年間で初めてなので。最後まで健康で出続けて終わるのが一番かなと思っています」

――6回にセーフティバントを試みた意図について。
「トップ(先頭打者)だったので単純に。安打というか四球でも良かったですけど、まずは塁に出るのが一番、大事でしたし。チームとして抑えられている中で。ぶんぶん振っていくのも個人的に振っていくのも仕方がないので。一番確率の高そうなのを選んだという感じですね」(小谷真弥 / Masaya Kotani)