北斗の拳のゲームアプリの「2周年応援隊長」に任命された杉本

 今季覚醒を遂げ、打率.308、27本塁打72打点と大活躍を見せているオリックスの杉本裕太郎外野手。「ラオウ」の愛称でも知られる30歳が“リアルラオウ”に変身し、ファンから「そっくり」「お似合い」と絶賛の声が上がった。

 杉本はこのほど、スマートフォン向けゲームアプリ「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE」の「2周年応援隊長」に任命された。人気漫画「北斗の拳」に登場する「ラオウ」に心酔しており、ホームランを打った際のパフォーマンスには“昇天ポーズ”を取り入れているほどだ。

 コラボが実現し、ラオウの衣装に身を包んだ杉本の姿をオリックスの公式インスタグラムがアップすると、ファンからも「何しても可愛いのよ」「ラオウかわいすぎます」「お似合いです」「ラオウ様お似合いです」「ヒーローインタビューはこの格好で頼むぞ」「うわっ、そっくり」「リアルラオウでしょ…」と喝采のコメントが並んでいた。(Full-Count編集部)