Rソックスのセールのスライダー、外角から大きな弧を描いて打者に直撃

■Rソックス 12−5 メッツ(日本時間23日・ボストン) 

 打者に球が当たったのにストライク? レッドソックスの左腕クリス・セールが投じた“魔球”に、ファンも騒然だ。22日(日本時間23日)に行われたメッツ戦。足元に食い込み、あっけなく空振りした打者の後ろ足に当たった異次元の光景に、「めっちゃ危険な球だ」「こんなのどうやって打つんだ?」とファンも驚きを隠せない様子だ。

 MLB公式ツイッターが「クリス・セールのスライダーはただただフェアじゃない」と公開した動画。5回2死一塁で、右打者のバエスに対してサイド左腕から投じられた1球は、外角から大きな弧を描いて一気に内角へ。バエスは見当はずれのスイングをした直後、右足に直撃した投球に悶絶した。

 NPBでも元ロッテ・中後悠平が2012年のプロ初登板で、曲がりすぎたスライダーで“空振り直撃”を奪ったことも。セールの魔球に、ファンからは「これは残酷だ」「これは無慈悲だ」「オーマイガー」と打者への同情のコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)