本拠地・アストロズ戦で「2番・指名打者」で先発出場

■エンゼルス 3ー2 アストロズ(日本時間24日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地・アストロズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。7回のチャンスでは3打席連続で四球を選んだ。ここ2試合10打席で7四球となった。エンゼルスは3-2で競り勝ち、連敗を6で止めた。

 初回1死は見逃し三振。4回無死一塁では四球を選び、ウォルシュの先制右犠飛を演出した。同点の6回1死は2打席連続で四球を選び、2死後、二盗を決めて今季24盗塁。メイフィールドの左翼線2点二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 2点リードの7回2死一、二塁は際どいコースを攻められ、フルカウントから四球を選んだ。前日22日(同23日)は初の1試合4四球。ストライク・ボールの見極めができているとはいえ、10打席で7四球となった。

 リーグの本塁打王争いでは46本のブルージェイズ・ゲレーロJr.とロイヤルズ・ペレスが両リーグトップ。大谷は1本差で追っている。(Full-Count編集部)