45本塁打&20盗塁&6三塁打以上は1955年ウィリー・メイズ以来66年ぶり

■エンゼルス ー マリナーズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地・マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で4試合ぶりとなる右翼線適時三塁打を放つと、3回の第2打席でも右翼線適時三塁打。4試合ぶりのマルチ安打をマークした。

 久々の勝負で即結果を出した。初回無死一塁。左腕・アンダーソンから右翼線へ打ち返した。一気に二塁を蹴って三塁へ。厳しいタイミングだったが、三塁・シーガーのグラブからボールが落ちる適時三塁打となった。シーズン45本塁打&20盗塁&6三塁打は1955年ウィリー・メイズ(51発&24盗塁&13三塁打)以来66年ぶりだ。続くゴセリンの内野ゴロの間に生還した。

 3回無死一塁でも快音を飛ばした。フルカウントから、アンダーソンのカットボールを右翼線へ。快足を飛ばして適時三塁打とした。マルチ安打は今季38度目。7三塁打はタイガース・バドゥーに並んでリーグトップとなった。

 リーグの本塁打王争いでは46本のブルージェイズ・ゲレーロJr.とロイヤルズ・ペレスが両リーグトップ。大谷は1本差で追っている。4試合ぶりの一発で並びたいところだ。

 前日24日(同25日)の同戦では今季2度目の1試合4四球を記録。22日(同23日)のアストロズ戦から3戦11四球はリーグ新記録で、2016年ブライス・ハーパー(ナショナルズ)に並ぶメジャー記録となった。厳しい四球攻めの中で勝負強い打撃を見せつけた。(Full-Count編集部)