1点リードの7回に同点ソロを被弾し10勝目を逃す

■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、マリナーズとの今季本拠地最終戦で「2番・投手」で出場し、7回10奪三振5安打1失点と好投。打線の援護なく今季10勝目は逃したが、ジョー・マドン監督は「絶対的なエースのよう、目を見張るパフォーマンスだった」と最大級の賛辞を送った。

 大谷は1点リードの7回に1死からケルニックに右越えへ同点ソロを被弾し同点に追いつかれ、この回を投げ終え降板。最速160キロの直球とスライダー、スプリットを軸に7回5安打1失点、無四球10奪三振で今季4度目の2桁10奪三振の快投だった。

 文句のつけようがない大谷の投球にマドン監督も「非常に良かった。本当に安定していて、絶対的なエースのように投げていた」と絶賛。無四球と制球も安定し、勝ちに等しい内容に「非常に高い質のストライクを投げていた。またも目を見張るパフォーマンスだった」と労っていた。(Full-Count編集部)