同僚の西村、広島の中村奨から花束を受け取る

 オリックスは28日、ウエスタン・リーグ広島戦で西浦颯大外野手の引退試合を行った。9回の守備から出場し、球場からは大きな拍手が送られた。

 西浦は4点を追う9回の守備から出場。支配下選手で本来は背番号「125」だがこの日は特別に背番号「00」のユニホームを着用した。中堅の守備に就くとマウンドの前が1球を投じた直後に交代となった。

 西浦は2017年のドラフト6位で明徳義塾高からオリックス入り。2019年に1軍で77試合に出場、翌2020年も49試合に出場したが、オフに国指定の難病である「特発性大腿骨頭壊死症」と診断され、昨年12月21日に骨盤を骨頭へ移植する左大腿骨頭掻爬手術、今年2月3日に右大腿骨頭掻爬手術を受け復帰を目指しリハビリを行っていたが、9月24日に引退を発表した。

 交代を告げられ一塁ベンチに戻る際には同僚の西村凌外野手、広島の中村奨成捕手から花束を受け取けとると、ナインと握手を交わし、現役生活に別れを告げた。(Full-Count編集部)