大谷の後を打つ3番ゴセリンはキャリアハイの成績「チームを助けるために貢献していきたい」

 エンゼルス・大谷翔平投手が熾烈な本塁打王争いを繰り広げている。その裏で懸命に奮闘しているのがフィル・ゴセリン内野手だ。今季はトラウトら強打者が離脱後、大谷の後を打つ3番打者に。9月30日(日本時間10月1日)まで101試合出場し、打率.262、7本塁打、47打点。メジャー9年目でキャリアハイの成績を残している。

 これまで“安住の地”はなかった。ブレーブス、ダイヤモンドバックス、パイレーツ、レンジャーズ、レッズ、フィリーズ、そしてエンゼルス。ダイヤモンドバックス時代の2016年に122試合出場したものの、そのうち80試合が代打での出場だった。

 毎年のようにマイナー契約からメジャー舞台に這い上がる。今季はキャンプ直前にエンゼルスとマイナー契約を結び、5月4日にメジャー昇格。スタメンの座を勝ち取った。

「良い感じだよ。僕は過去のキャリアではベンチプレーヤーのようなものだった。今年は多くの機会をもらっている。これまで楽しめているし、チームを助けるためにどんな時でも貢献していきたいと思っているよ」

8月下旬から大谷を後を打つ3番に、大谷の四球攻めは「チャンスだと考えるようにしている」

 8月下旬から主に3番を任されるようになった。つまり2番・大谷の後だ。「1年を通してアメージング。良い選手だということは知っていたけど、今年まで一緒にプレーしたことがなかった。毎日彼のプレーを見ることができるのは素晴らしいことだ。キャリアで見た中でも最も印象的な選手の1人」と称賛する。では、どのように大谷の後を打つ難しさ、プレッシャーと立ち向かっているのか。

「目の前でたくさん歩かせることになると理解している。僕との対戦よりも、ショウヘイとの対戦の方が相手からしてみれば怖い。だけど、僕は『これはチャンスだ』と考えるようにしているんだ。打席に入る時には『ショウヘイが何度も出塁してくれている』とね。1人の打者として、それは良いことだと思う」

「トラウトやレンドンがいれば、少しは(状況が)違っていたかもしれない。ただ、僕には彼らほどの実績がない。(大谷への四球攻めは)正しい戦略だと思うよ。相手にしてみたら、おそらくMVPをとるであろう男に打たれるわけにはいかないからね」

 全てを受け止め、決して背伸びせずに自身のできる仕事に集中する。これが入れ替えの激しいメジャーで生き残ってきた32歳の流儀なのだろう。

 今季も残り3試合。10月1日(同2日)からの最終3連戦で激突するマリナーズはポストシーズンへ負けられない試合が続き、大谷が勝負を避けられるケースは増えるだろう。そこで3番・ゴセリンがどんな打撃を見せるのか。“苦労人”の打撃もタイトル争いの大きな鍵を握っている。(小谷真弥 / Masaya Kotani)