二塁手タッカーが右翼まで背走しながら最後はダイビングキャッチ

■パイレーツ ー レッズ(日本時間2日・ピッツバーグ)

 パイレーツのコール・タッカー内野手が1日(日本時間2日)、本拠地でのレッズ戦で“背走ダイブ併殺”の超美技を披露した。右翼手・筒香もビックリの好プレーに、ファンも「アメージングを超越している」と大絶賛だった。

 本拠地が大歓声に包まれたのは7回の守備だった。1死一塁からレッズのバーンハートが放った打球は右翼への浅い飛球となった。だが、二塁手・タッカーは背走しながら最後はダイビングキャッチで好捕し、一塁へ送球。飛び出していた一走・スアレスはアウトとなり併殺を完成させた。

 右翼を守る筒香の目の前まで激走しアウトを奪った超美技をパイレーツ公式ツイッターも動画で公開。これにはファンも「アメージングを超越している」、「とんでもないキャッチだ」、「本当にスーパープレー」、「年間最高のキャッチ」、「筒香選手も見惚れる守備」と驚きの声を上げていた。(Full-Count編集部)