G.G.佐藤さん「投げっぷりも前より躍動感がある」

 ABEMA TVのABEMA/newsチャンネルで毎週金曜日23時から放送されている「ABEMA バズ!パ・リーグ」では、毎回ゲストを招き、「パーソル パ・リーグTV」で再生回数が多かった動画や、パ・リーグにまつわるニュースを紹介している。今回のゲストは西武とロッテでプレーしたG.G.佐藤さん。

1位 9月に急変 奪三振マシーンと化した武隈
2位 勝ちに食らいつくデスパタイムリー
3位 今宮 約4か月ぶりとなる会心の一撃
4位 藤岡 チームを救う勝ち越しの一打
5位 モイネロを撃破 近藤の完璧な一振り

 3位には「今宮 約4か月ぶりとなる会心の一撃」がランクイン。9月26日の日本ハム戦で、ソフトバンク今宮健太内野手が6月8日以来の4号ソロを放った。G.G.佐藤さんは「4か月ぶりとは思えない完璧なホームラン。来季は全試合出場して活躍する姿が見たい」とさらなる活躍を期待した。

 1位を獲得したのは「9月に急変 奪三振マシーンと化した武隈」。プロ13年目の西武・武隈祥太投手が9月に投げた7イニングで21のアウトのうち12個が奪三振。奪三振率は実に15.43で、武隈をよく知るG.G.佐藤さんも「ここまで三振をとるタイプではなかったのでびっくり」と驚いた様子。「左バッターにもチェンジアップなどを投げて緩急をよく使えるのは強み。投げっぷりも前より躍動感がある」と頬を緩ませた。

 番組後半では、オリックスが3連勝を飾ったロッテとの天王山をピックアップ。9月30日の試合で9回2死からT-岡田外野手に逆転3ランを浴びたロッテについて「3連敗も痛いけど、3戦目の負け方は本当に痛い。選手たちのダメージも大きい」と指摘。「この3連勝でオリックスは有利になりそうですね」と評価した。

 本番組の詳しい内容はABEMAビデオ内でチェック。過去の放送分も配信しているので、あわせてご覧いただきたい。次週お迎えするゲストは、ロッテOBでプロ野球解説者の里崎智也さん。(「パ・リーグ インサイト」下村琴葉)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)