中日で最優秀中継ぎ獲得したロドリゲスはヤンキースに

 米大リーグのプレーオフ(PO)が、5日(日本時間6日)のア・リーグのワイルドカードゲームで開幕する。参加する全10チームのロースターには、懐かしい名前がいくつも。米国に戻って活躍する“元助っ人”の現況を追った。
 
 5日に登場するレッドソックスには澤村拓一投手の他にも、NPB経験者がいる。ライアン・ブレイシア投手は2017年に広島で26試合に登板、2勝1敗1セーブを記録した。2018年にレッドソックス入りすると救援陣の一角としてタフな活躍を見せてきた。今季は5月に負傷者リスト(IL)入りしながらも9月に復帰、13試合で1勝1敗を記録している。

 相手のヤンキースにはジョエリー・ロドリゲス投手がいる。2018年から2年間中日でプレー、2019年には64試合に投げリーグ最多の41ホールドを挙げた。2020年にレンジャーズで大リーグ復帰し、今季途中にヤンキースへ移籍。21試合で1勝0敗、防御率2.84と安定した投球を続ける。

 この試合の勝者を待ち受ける東地区優勝のレイズには、JT・シャギワ投手がいる。昨年楽天で0勝3敗に終わったものの、今季はマリナーズ、レイズと渡り歩いてメジャー定着。レイズ移籍後は25試合で5勝1敗、防御率1.90と抜群の成績だ。

 そして西地区優勝のアストロズには、ユリ・グリエル内野手がいる。2014年にDeNAでプレーし、62試合で打率.305を残した好打者は亡命を経てアストロズ入り。今季は打率.319でア・リーグ首位打者に輝いた。

ナ・リーグにはマイコラス、マーティンら好投手ズラリ

 ナ・リーグのPOも6日(日本時間7日)に始まる。ワイルドカードでドジャースと激突するカージナルスにはマイルズ・マイコラス投手がいる。2015年から巨人で3年間プレーし、通算31勝13敗を残すと2018年にカージナルスで大リーグ復帰。2年間ローテーションを守った。昨季からは右腕の故障に悩まされているものの、今季も9試合に先発、2勝3敗。

 この勝者を待ち受けるジャイアンツにはジェイ・ジャクソン投手。2016年からの3年間を広島で、ブルワーズでの1年をはさんで昨季はロッテでプレーした。今季は米国へ活躍の場を移し、7月にジャイアンツのロースター入り。3Aと行き来しながら23試合に登板し2勝1敗、防御率3.74。

 東地区優勝のブレーブスにはクリス・マーティン投手。2016年に52試合に投げ21セーブ、19ホールド、防御率1.07と圧倒的な成績で日本一に貢献したのち、2018年にレンジャーズで大リーグ復帰、2019年シーズン中にブレーブスへ移籍し、ブルペンの一角を占めている。今季も46試合に投げて2勝4敗、防御率3.95。

 そして中地区優勝のブルワーズには今年夏までソフトバンクでプレーしたコリン・レイ投手が在籍。日本では6試合で3勝1敗、防御率も2.03。7月12日の楽天戦では、8回2死まで無安打無得点という快投も演じたが、家族の来日が難しいことから五輪中断期間中の8月8日に退団。シーズン最後にブルワーズで大リーグ復帰し1試合に投げた。POでの登板があるか注目される。(Full-Count編集部)