進学校の江戸川学園取手で評定平均4.9、早大基幹理工学部に指定校推薦で進学

 西武新宿線「東伏見駅」からイチョウ並木を歩いて左手にある早大東伏見グラウンド。硬式野球場の隣で、もう1つの野球部が活動をしている。スポーツ推薦の枠もなく、グラウンドはラクロス部と併用。決して恵まれた環境ではないが、今年、そこからプロを目指す選手がいる。準硬式野球部で副将を務める関大輝(せき・だいき)外野手(4年)だ。決断に至るまでにはさまざまな葛藤や悩みがあった。

 野球を始めたのは「0歳から」。野球好きの父の影響で、物心がつく前からバットを握っていた。中学校時代は「船橋シニア」で4番を務め、強豪校からも声が掛かったが、選んだのは偏差値70を超える進学校、茨城・江戸川学園取手高だった。「東京六大学で野球をやるのが夢だったので、甲子園より六大学に行くにはどうしたらいいかという考えで選択しました」と語る。

 船橋市の自宅から高校までは、片道1時間半。朝練習もあったため、朝5時半に家を出て、午後10時に帰宅する日々だった。勉強場所は主に電車の中。それでも努力を怠らず、高校時代の評定平均は4.9。早大基幹理工学部の指定校推薦の枠を勝ち取った。

 神宮球場でのプレーを夢見て硬式野球部に入部したが、授業の時間割を見て絶句した。土日曜日以外は、授業がぎっしり。「『え……無理じゃん』って思いました」。「留年してもいいから」と両親は継続を希望したが、学生の本分は勉強だと入学早々に退部を決意。準硬式野球部が本気で野球に取り組んでいるのを知り、1年の5月に入部した。

 チーム練習に参加できるのは土日のみ。平日は授業の合間を縫って自主練習や地元の仲間とのキャッチボールなどをこなした。難しい環境の中でも頭角を現し、すぐにクリーンアップを任された。2年春から3季連続でベストナインに選出(3年春のリーグ戦はコロナ禍で中止)され、3年夏の全国大会の代替大会で打率.538を記録し、最優秀打者賞に輝いた。一方で、3年生になると周囲は就職活動を開始。関自身も当初は一般企業への就職を考え、実際に活動も行なっていた。

昨年10月、インターン先の社長の言葉でNPBを目指すことを決意

「やりたいことが本当に見つからなかったんですよね……」。勉強も好きで、野球も好き。ただ、いざ就職となると、自分は何をしたらいいのか分からなかった。そんな時、インターン先の社長と会食する機会があった。そこで、野球について熱く語ると、社長が知り合いの元NPB選手を紹介し、こう話した。

「うちの会社に来なくていいから、プロ野球選手を目指しなさい」

 小さい頃からの夢だったNPBへ挑戦してみたい。そう思えるようになった。紹介された元選手からは「一芸に秀でていないと厳しい」「その体型(176センチ、78キロ)の外野手なんて沢山いる」「入った先を見据えていないと意味がない」など厳しい助言を受けたが、逆にプロへの熱意を駆り立てられたという。「良いものって人に言いたくないじゃないですか。だから、プロの世界はそんなにも良いものなのかと思うようになりました」。両親や池田訓久監督とも相談し、昨年10月にプロを目指す決意を固めた。

 あくまで目指すのは日本最高峰の舞台、NPBのみ。社会人で野球を続けることは考えていない。ただ、現実は厳しいことも分かっている。過去に早大準硬式野球部からNPB入りしたのはたったの2人だけだ。

 それでも、他者にはない“分析力”が自分には備わっていると考えている。プロでは長打が必要になると考え、打撃フォームを修正。3年間で4本塁打だったが、今年1年で6本を放つなど、進化を遂げている。「技術では敵わないことは分かっていますから。もし指名頂いたらそのチームは何が弱点で、必要としているのかを分析して、穴を埋められる選手になりたいです」。指名されるかどうかではない。関は既にその先の舞台を見据えている。

◯関大輝(せき・だいき)
1999年12月27日、千葉県船橋市生まれ。右投左打。外野手。父の影響で物心がつく前から野球に接し、小学1年から所属した「夏見台アタックス」では3学年下に巨人・秋広優人外野手がいた。中学時代は船橋シニアで4番を務め、茨城・江戸川学園取手高に進学。現在は早大基幹理工学部に在籍し、人工心臓を研究している。趣味はテニス、ゴルフ、勉強を教えること。家庭教師を務め、教え子を医学部や早大に進学させた実績を持つ。憧れの選手は巨人・丸佳浩外野手。(川村虎大 / Kodai Kawamura)