ソフトバンクは風間の一本釣りに成功、森木は外れ1位で阪神へ

 2021年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が11日、都内のホテルで行われ、12球団のドラフト1位指名選手が出揃った。

 西武が1位指名を公表していた西日本工大の隅田知一郎投手には巨人、広島、ヤクルトも入札。4球団競合の末に西武が交渉権を確定させた。市和歌山の小園健太投手にはDeNAと阪神の2球団が競合。三浦大輔監督が当たりを引き当てて、DeNAが交渉権を獲得した。

 ソフトバンクが公表していたノースアジア大明桜高の風間球打投手は競合せずに一本釣りに成功。日本ハムは天理の達孝太投手、中日は上武大のブライト健太外野手、楽天は昌平の吉野創士外野手を指名した。

○12球団のドラフト1位選手

【セ・リーグ】
・ヤクルト ○山下輝 ×隅田知一郎

・阪神 森木大智 ×小園健太

・巨人 翁田大勢 ×隅田知一郎

・広島 黒原拓未 ×山下輝 ×隅田知一郎

・中日 ブライト健太

・DeNA ○小園健太

【パ・リーグ】
・オリックス 椋木蓮

・ロッテ 松川虎生

・楽天 吉野創士

・ソフトバンク 風間球打

・西武 ○隅田知一郎

・日本ハム 達孝太(Full-Count編集部)