オリックス宗が見せた美技コンボ、軽々と投げているように見えるのに…

■日本ハム 1ー1 オリックス(16日・札幌ドーム)

 オリックスの宗佑磨外野手が16日、敵地もうっとりする“美技コンボ”を見せた。札幌ドームでの日本ハム戦に「2番・三塁」で先発出場。痛烈な打球を横っ飛びで好捕しただけなく、横手で投げながらの鬼肩送球に、ファンは「茂木も上手いけどやっぱりこの身体能力には勝てないわ」と脱帽した。

 2回1死走者なしの場面で、日本ハム・ロドリゲスの痛烈な打球が三遊間を襲った瞬間だった。抜群の反応を見せた宗は飛びついてキャッチ。サイドスローのような形で軽々と放ったようにも見えたが、強烈な送球が一塁手のミットに突き刺さった。

 スタンドが拍手喝采の美技を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【好守連発】宗佑磨『痛烈打球もハンパない集中力で対応』」と題して動画で公開。ファンからは「宗は捕る方より投げる方を見てしまう!」「宗はなんでこんなに守備がいいの?」「捕ってからが強肩すぎるのよ」などとコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)