龍田美咲さんは徳島県初の女子中学生チーム結成へ奔走中

 今夏初めて阪神甲子園球場で開催された第25回全国高校女子硬式野球選手権大会決勝戦で、神戸弘陵は高知中央を破り、5年ぶり2度目の優勝を果たした。女子野球界にとって歴史的なこの一戦を神戸弘陵の1期生で初優勝時エースだった龍田美咲さんは、どんな思いで見つめたのだろうか。現在は徳島県阿南市の野球のまち推進課で女子野球の普及振興に携わる龍田さんが、これまでの野球人生と今後の夢を語った。前後編の後編。

 今年4月から徳島県阿南市の野球のまち推進課に勤務する龍田さん。幼稚園や保育園、小学校でティーボール指導を行いながら、県内初の女子中学生チーム結成に動いている。監督として来夏の全日本中学女子軟式野球大会出場を目指しており、地元の高校に女子野球部を創設する計画にも携わる。「女の子が増えているので、野球を続けていける環境をつくってあげたいなと思います」と熱い思いを吐露する。

 昨季限りで女子プロ野球を引退した22歳の龍田さんは現在、軟式野球も楽しんでいる。還暦野球チーム「加茂谷体協」に籍を置き、投手としてプレー。「知り合いがいて、現役時代から誘われていました。冗談だと思っていましたが、引退したらすぐに声がかかり、今はおじいちゃんたちと、ほのぼのと野球をやっています」と笑う。

 神戸弘陵で日本一になり、女子プロ野球リーグで2桁勝利を挙げたことのある右腕は「最初はなめてかかったんですけど、しっかり打たれました。普通に速い球は打ち返されるので、遅い球を練習しなきゃと思っています」と還暦野球の奥深さに驚いた。

チーム名は「徳島インディゴlilies」、龍田さんは監督に就任

 チームの勝利と個人成績にこだわった女子プロ野球の4年間とは異なる新たな楽しみを感じている。「皆さん、気持ちに体がついてこないので、捕れそうで捕れないみたいな(笑)。勝ったらうれしいし、負けても笑いが出ます。珍プレーが多いのですが、一生懸命で全力というのは、年齢に関係なく、すごくいいなと思いました」と生き生きとした表情でその魅力を語る。

 龍田さん自身が初めて野球の楽しさを感じた瞬間は、小学2年生の時だった。「人数が足りなくて、初めて出た試合でフライを2つ捕ったんですよ。誰もが捕れないだろうと諦めた球を。それで勝ったので、周りが褒めてくれたのがうれしくて。そこから野球が楽しいと思うようになりました」。

 自身の経験を踏まえ、子どもたちにティーボールを指導する際に心掛けていることは、とにかく楽しんでもらうことだ。「楽しくなかったって思う子がいないように、できるだけみんなに話しかけるようにしています。野球に入るきっかけになればいいですね」と優しい笑みを浮かべる。

 9月に体験会を実施して立ち上げた女子中学生チームには「徳島インディゴlilies」と名付け、監督に就任した。「百合の花言葉は純粋。徳島県で純粋に野球を思う存分楽しんでほしいなと思います」と願いを込める。

勤務する徳島県阿南市は官民協同で野球による地域おこしを実現

 指導者として第一歩を踏み出すにあたり、頭に浮かんだのは京都フローラ時代の3年間監督を務めていた元オリックスの川口知哉氏の姿だ。「すごく良い指導者に巡り会えました。1人1人の良さを残しながら、そこにプラスアルファしてくれる。私は調子が悪いと思ったら、表情に出るし、本当にダメになってしまうタイプ。川口監督から『調子が悪いなりに抑えられる方法を探せばいいだけじゃないか』と言われ、考え方が180度変わりました」

 女子プロ野球時代、直球の制球が定まらない時に龍田さんは直球を使わない選択をしたことがあった。「ボール球として使えばいいじゃん。ストレートもあるよと見せるだけでも、バッターは次に何がくるだろうと迷う」と当時の川口監督から言われ、冷静に対処することができたという。「川口監督に教わって、すごく引き出しが増えました。その人、その人に合った接し方や指導ができたらいいなと思います」と恩師から学んだことを今後に生かす。

 2010年に全国で初めて「野球のまち推進課」を設けた阿南市は、草野球の聖地として知られている。野球観光ツアーを仕掛け、阿南市在住の60歳以上の女性からなるABO60というチアガールが評判になるなど、官民協同で野球による地域おこしを実現。市職員としてその一端を担う龍田さんは「女子野球も加わったら、もっと野球に興味を持ってもらえると思うので、少しでも力になりたいです」と語る。女子中学生チームからスタートし、将来的には高校、クラブチームと女子選手が野球を続けられる環境を整えていくことが新たな使命だ。

 おじいちゃんと野球を楽しみながら、ティーボール指導で子どもたちに野球の楽しさを伝え、阿南市、徳島県、そして四国の女子野球普及発展にまい進する龍野さんの第2の野球人生は始まったばかり。「いずれマドンナジャパンに選出されるような選手を育てていけたらと思います」と夢と希望にあふれた表情を輝かせた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)