シーズン最終盤でお立ち台「泣く予定でしたが、涙が出なかった」

■DeNA 5ー0 中日(23日・横浜)

 DeNAの東克樹投手は23日、本拠地・横浜スタジアムで行われた中日戦で、8回90球1安打無失点の快投を披露した。昨年2月に左肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受け、今年9月に1軍復帰を果たして3戦目。2019年8月23日の巨人戦以来792日ぶりの白星を挙げた。今季最終登板にして、来季へ向けて明るい見通しが立った。

「久しぶりにこの光景を見ることができて、泣きそうです」。入場制限の緩和を受けて1万5790人の観客が足を運んだスタンドを前に、お立ち台に上がった東は心境を吐露した。もっとも、実際に涙が頬を伝うことはなく、その後報道陣の前で「泣く予定でしたが、うれしさの方が増してきて、涙が出てきませんでした」と苦笑した。

 2017年ドラフト1位で立命大から入団すると、1年目にチームトップの11勝(5敗)、防御率2.45をマークし新人王を獲得。順風満帆のスタートを切った。ところが、翌2019年は左肘のコンディション不良で4勝2敗、防御率3.76と低迷。20年2月にトミー・ジョン手術に踏み切り、同年を棒に振ったのだった。

 今年7月にはイースタン・リーグで実戦復帰を果たし、7試合登板(3勝0敗、防御率1.95)を経て、9月28日のヤクルト戦で1軍復帰と順調にステップを踏んできた。3戦目で初白星に漕ぎつけ、三浦大輔監督も「内容は復帰してからずっと良かったが、白星が付くか付かないかで、気持ちが全然違う。これで来季が楽しみになる」と笑みを浮かべた。

今季はエース今永も左肘手術で出遅れ、シーズン序盤から下位に低迷した

 この試合でバッテリーを組んだのは、プロ初出場の20歳・益子京右捕手だったが、東は「ファームの試合や練習では散々組んだ仲。僕の球筋、配球を理解してくれているので、すんなり試合に入れました。イニング間にもコミュニケーションを取り、相手打者に対応できたと思います」とうなずいた。

 1回にいきなり1死満塁のピンチを背負うも、高橋周を外角のカットボールで三邪飛。続く渡辺も速球で二ゴロに仕留め、無失点で切り抜けると、2回から8回まではなんと1人の走者も許さなかった。ストレート、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップを駆使し、相手打者を翻弄した。

 もっとも、手術前に150キロを超えていたストレートの球速は、MAX146キロ止まり。「トミー・ジョン手術を受けた後の方が球速が速くなった、という例をよく聞くので、球速に関しては100%ではないという声もありますね」と認める。それでも「もともと、1試合1試合何かを変えていかないと、1軍では勝てないと思っています。その日の状態を確認しながら、自分の引き出しの中にあるものを使って対処していきたいです」と言う。

 球速が出ようが出まいが、相手打者を打ち取る術はある。「来年は1年間先発ローテを守るつもりでトレーニングをしますし、守らなければならない立場だと思っています」と力強い。

 DeNAは今季、エースの今永昇太投手も昨年10月に左肩のクリーニング手術を受けた影響で出遅れ、終始下位に低迷する要因の1つとなった。実績のある左腕2人がそろってフル回転すれば、来季は見違えるようなチームになるはずだ。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)