鷹は在籍18年の明石ら12球団最多の13人、西武栗山&中村は20年目を終える

 2021年のペナントレースも大詰めを迎え、既に16選手が今季限りでの現役引退を発表している。中日・山井大介投手、ヤクルト雄平外野手、巨人・亀井善行外野手ら、長きにわたって同一球団でプレーを続けてユニホームを脱ぐ選手も多い。ここでは10年以上1球団のみでプレーする現役選手を紹介する(育成契約期間も含む)。

 入団から引退まで同じチームで10年間以上プレーした選手で、今季限りで現役引退するのはここまで8選手。山井の20年、雄平の19年、亀井の17年と続く。さらに中日・藤井淳志外野手と阪神・岩田稔投手が16年、ソフトバンク長谷川勇也外野手が15年、阪神・俊介外野手が12年、日本ハム斎藤佑樹投手は11年間プレーした。

 キャリア10年以上の生え抜き選手が最も多いのはソフトバンクで13人。明石健志内野手は18年目、松田宣浩内野手は16年目、千賀滉大投手、甲斐拓也捕手、柳田悠岐外野手は11年目のシーズンだった。ロッテでは15年目の角中勝也外野手、14年目の唐川侑己投手ら8選手、オリックスはT-岡田外野手ら6選手がいる。

 西武では栗山巧外野手、中村剛也内野手がいずれも今季20年目。栗山は通算2000安打に到達し、中村は通算本塁打で長嶋茂雄氏の444本に迫っている。楽天は岡島豪郎、島内宏明両外野手が働き盛りの10年目、日本ハムでは西川遥輝外野手が11年目、近藤健介外野手が10年目だ。

〇キャリア10年以上の生え抜き選手
・ソフトバンク(13人):岩嵜(14年)、武田(10年)、千賀(11年)、嘉弥真(10年)、高谷(15年)、甲斐(11年)、松田(16年)、今宮(12年)、明石(18年)、牧原大(11年)、中村晃(14年)、柳田(11年)、釜元(10年)
・ロッテ(8人):唐川(14年)、西野(13年)、南(11年)、益田(10年)、大嶺(15年)、江村(11年)、荻野(12年)、角中(15年)
・西武(6人):十亀(10年)、武隈(14年)、駒月(10年)、中村(20年)、栗山(20年)、熊代(11年)
・楽天(6人):塩見(11年)、釜田(10年)、辛島(13年)銀次(16年)、岡島(10年)、島内(10年)
・日本ハム(7人):上沢(10年)、宮西(14年)、杉谷(13年)、中島(13年)、西川(11年)、近藤(10年)、松本(10年)
・オリックス(6人):比嘉(12年)、海田(10年)、山田(12年)、安達(10年)、後藤(11年)、T-岡田(16年)

巨人・坂本は15年目、広島は3人のベテラン捕手を擁する

 巨人では坂本勇人内野手が15年目のシーズンだった。阪神では大腸がんを乗り越えた原口文仁捕手、ローテーションを支える秋山拓巳投手が12年目だ。DeNAでは今季復調した桑原将志外野手は10年目だ。

 ヤクルトは小さな大投手・石川雅規が41歳、20年目のシーズンも奮闘。16年目の川端慎吾内野手は16年目だ。中村悠平捕手が13年目、山田哲人内野手が11年目とまさに働き盛りだ。

 中日では、16年目の平田良介外野手が異形狭心症を公表。エースの大野雄大投手は11年目、主力の大島洋平外野手は12年目、高橋周平内野手は10年目だ。広島はセ最多の10選手。15年目の會澤ら捕手が3人在籍し、松山竜平内野手は14年目のシーズンだった。

・巨人(3人):今村(10年目)、高木(10年目)、坂本(15年目)
・阪神(3人):秋山(12年目)、島本(11年目)、原口(12年目)
・中日(8人):田島(10年目)、岡田(12年目)、大野雄(11年目)、高橋(10年目)、福田(15年目)、堂上(15年目)、平田(16年目)、大島(12年目)
・DeNA(2人):田中健(14年目)、桑原(10年目)、
・広島(10人):野村(10年目)、中崎(11年目)、中田(13年目)、會澤(15年目)、白濱(18年目)、磯村(11年目)、安部(14年目)、堂林(12年目)、菊池(10年目)、松山(14年目)
・ヤクルト(6人):石川(20年)、中村(13年)、西田(11年)、山田(11年)、川端(16年)、荒木(12年)(Full-Count編集部)