今季はロッテが楽天戦15勝9敗と大きく勝ち越し

「2021 パーソル クライマックスシリーズ パ」(CS)のファーストステージが6日、ZOZOマリンスタジアムで開幕する。2位・ロッテと3位・楽天が、リーグ王者のオリックスが待つファイナルステージを懸けて激突。今季はロッテが楽天に15勝9敗と大きく勝ち越している。対戦成績からキーマンを挙げてみたい。

 ロッテは惜しくも無冠に終わったブランドン・レアード内野手が楽天戦で大爆発。打率.326、9本塁打、27打点を記録している。また荻野貴司外野手も打率.354、3本塁打。中村奨吾内野手も打率.356、4本塁打と相性がいい。

 投手陣でも、第1試合に先発予定の佐々木朗希投手は今季楽天戦に3度先発。1勝負けなし、防御率1.35と抑え込んでいる。昨季楽天から加入した美馬学投手も、わずか1試合の登板ながら7回1失点と古巣を抑え込んでいる。

楽天は則本昂、田中将がロッテ戦で好投

 対する楽天は則本昂大投手、田中将大投手の2人に期待がかかる。初戦に先発予定の則本昂は、ロッテ戦に4度先発。わずかに1勝ながらも、防御率1.61と抑え込んでいる。また田中将も同じく1勝と勝ち星には恵まれなかったが、5戦5QS(クオリティスタート)で、防御率1.46と好投している。

 一方で、今季打点王の島内宏明外野手は対ロッテの打率.188と苦しんだ。期待のルーキー左腕・早川隆久投手も負けこそないものの防御率6.00、今季10勝(5敗)を挙げた滝中暸太投手も3戦3敗で防御率18.00と打ち込まれている。則本昂、田中将の2人に頼るしかないというのが現状だろう。

 対戦成績にも出ているように、分はロッテにあるようにも思える。とはいえ、CSのファーストステージは2勝で決まる超短期決戦。レギュラーシーズンとは大きく異なり、その日の調子が明暗を分ける。オリックスとのファイナルステージ(京セラD大阪)への切符を手にするのは、どちらの球団だろうか。(Full-Count編集部)