オリックスとのCS初戦の6回に衝撃のスーパープレーを見せたエチェバリア

■オリックス 1ー0 ロッテ(CSファイナル・10日・京セラドーム)

 10日に京セラドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦でオリックスに1-0で敗れたロッテ。この試合で、名手アデイニー・エチェバリア内野手がとんでもないスーパープレーを披露し、ファンの度肝を抜いた。

 6回のオリックスの攻撃だった。1死二塁から安達が放った打球は三遊間へのゴロとなった。これをスライディングでキャッチしたエチェバリアは、三遊間の深いところから座ったまま一塁へ送球。矢のようなワンバウンドスローで打者走者をアウトにした。

 このプレーを「パーソル パ・リーグTV」YouTubeが「エチェバリア『トンデモない体勢から送球』してしまう…」と紹介すると、ファンも「まじでスゴすぎ」「異次元すぎる」「歴史に残る世界最高峰の守備」「もはや芸術」「エチェバリアにしかできない」「これはやべぇよ」と驚愕していた。(Full-Count編集部)