ロッテ藤岡は遊撃エチェバリアと共に“鉄壁三遊間”を形成

■オリックス 1ー0 ロッテ(CSファイナル・10日・京セラドーム)

 ロッテ・藤岡裕大内野手が大事な一戦で好守を見せた。10日に京セラドーム大阪で行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」のオリックスとのファイナルステージ第1戦。逆シングルで華麗に打球を捌く姿に驚きの声が上がった。

 6回先頭のオリックス・T-岡田の打球は三塁線へ。二塁寄りに守っていた三塁手の藤岡はスライディングしながら逆シングルで打球を捕球し、そのまま反転して一塁へ。ワンバウンドでストライク送球を披露し、アウトにした。

 この日は、遊撃を守っていたエチェバリアも好守を連発。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが2人の好守を動画で公開すると、ファンからは「千葉の三遊間ってゴロ抜けんの?て思うくらいエチェバリアと藤岡の守備強い」「三遊間カッチカチすぎて引くわw」とコメントされている。(Full-Count編集部)