仲三河優太は大阪桐蔭でロッテ藤原や中日根尾の2年後輩

“山賊打線”と呼ばれた強力打線が鳴りを潜め、2021年シーズンは42年ぶりの最下位に終わった西武。2020年ドラフト7位で入団した仲三河優太外野手は今季2軍で77試合に出場した。19歳の若き大砲候補が大阪桐蔭時代やルーキーイヤーについて語ってくれた。

 仲三河は小学2年で野球をはじめ、中学では投手としてU-15日本代表に選出された。その中に、神奈川・東海大相模高から2020年ドラフト3位で西武に入団した山村崇嘉内野手がいた。「他のチームの選手と一緒に練習して、短時間でしたけど上手くなれた気がします。自分たちの練習とは違うストレッチやキャッチボールを見ていて面白かったですし、勉強になりました。山村は中学の時から有名でした。身体が大きくて驚きました」。

 高校は強豪の大阪桐蔭に進学。入部した時の3年生には藤原恭大外野手(ロッテ)や根尾昂内野手(中日)ら超高校級選手が揃い、甲子園春夏連覇を成し遂げた。初めて練習に参加した日は選抜準決勝の前日。テレビカメラが30台以上設置された光景に圧倒された。

「かっこいいなあと思いました。僕の中で3年生はスーパースター。1年生の時にベンチに入ることができたので、藤原さんや根尾さんにバッターの心理や、野球に対する思いを聞くことができました。当時はピッチャーでしたが、バッティングにも興味があったので『どうやって打っているんですか』と積極的に聞きました」

 エース候補として期待されていたが、肩の怪我などがあり野手に転向。「野手として結果を出さなければ」と焦りもあったが、憧れの先輩と同じように聖地で活躍することを目標に取り組んだ。しかし3年時の選抜、夏の甲子園はともに新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になり、その目標は叶わなかった。

プロ1年目の今季は2軍で77試合、1本塁打&打率.210

「プロに行きたかったので、試合ができずアピールの場が減ってしまったことは残念でした。野球部の練習ができない期間は、実家に帰って庭で素振りをしたり、近所を走ったりしていました。甲子園の交流試合は、勝っても負けても最後の試合なので、楽しもうと思いました」

 足の怪我の影響もあり、大阪独自大会は出場機会がなく甲子園交流試合の東海大相模戦は代打での1打席にとどまった。全てをかけた打席でヒットを放ったが、ドラフトで名前を呼ばれる自信はなかった。しかし、西武から7位指名を勝ち取った。

「森(友哉)さんは『チームメートになるからよろしく。一緒に頑張ろう』と言ってくれました。2年生の時、高校のグラウンドに来て打ってくれて、それをずっと見ていたので、西武から指名を受けたのは本当に嬉しかったです」

 ルーキーイヤーは身体を大きくすることに重点を置いた。食事とトレーニングの成果で、体重は入団時より10キロ増え、100キロを超えた。「打球が飛ぶようになったと思います。それでも、今年はホームランを1本しか打っていないので、もっと打ちたいです。ホームランを打てた時が一番楽しい。初球から思い切り振れるところが自分のいいところだと思っています。たくさん打てる選手、将来的にはホームラン王を取りたいと思います」。

 今季まで2軍監督を務めた松井稼頭央ヘッドコーチは「力強いバッティングが魅力。打って勝負する打者を目指してほしい」と、その打撃センスに期待を寄せている。プロ1年目は2軍で77試合に出場、打率.210(200打数42安打)、1本塁打22打点の成績を残した。本塁打王を6度手にしている中村剛也内野手、2019年首位打者の森友哉捕手ら大阪桐蔭の先輩のような球界を代表する強打者を目指し、来季も進化を目指す。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)