「東大」とプリントされたハチマキは偏差値が5上がる“必勝アイテム”

 2013年から2019年まで東大野球部の監督を務めて手腕を発揮した浜田一志氏は現在、部活と勉強の両立を目指す学習塾「Ai西武学院」の塾長を務めている。少年野球指導のヒントを紹介する企画「ひきだすヒミツ」では、文武両道を叶えさせる浜田氏の指導法を深堀りしていく。第1回は、選手を“その気”にさせる方法。「偏差値を5、上げる」ことが可能なアイテムがあるという。

◇◇◇◇◇◇◇

 私は東大野球部監督時代、選手のスカウティングで全47都道府県を訪れました。東大はスポーツ推薦がないのに、スカウトに行ってもしょうがないじゃないかと思われるかもしれませんが、実際に足を運んで熱意を持って勧誘すると、いい選手が入ってきます。そういった中から宮台康平(ヤクルト)のようにプロに入る選手が出てきたりする。全国には、能力があっても隠れている子がたくさんいるんです。

 東大なんて考えてもいない子に、東大に行きたいと思ってもらうところから、スカウティングは始まります。その意味では灘、開成のような超進学校は対象外。静岡、東筑(福岡)、彦根東(滋賀)のような、甲子園出場経験のある地方の進学校に足を運ぶことが多かったですね。

 そういう学校で野球をしている子は、皆、文武両道を目指している。だから「文武両道の最高峰を目指さないか」と声を掛けるんです。そうすると今まで考えてもいなかった「東大」を意識してくれるようになる。

 そこで淡青色の「東大」とプリントされたハチマキをプレゼントする。このハチマキは偏差値が5上がる必勝アイテムです。「東大に行きたい」というスイッチが入るだけで、それくらいの効果は十分あります。

 毎年、夏休みまでに200人ほどがリストアップされます。その後、早稲田、慶応への指定校推薦や、やはり地元の医学部に行きたいという理由などで抜けていって、実際に受験するのは30人くらい。その中から合格するのが4、5人ですから“歩留まり”はすごく悪い。でもそういう努力をすることが大事。200人の偏差値を5上げておけば、そのうち4、5人はなんとかなる。だから毎年、ハチマキを200枚作っているんです。

静岡、東筑の甲子園経験者が東大へ、花巻東からも今春合格者が

 地道なスカウティングが実を結んで、東大野球部には静岡と東筑の甲子園経験者が現在、2人在籍しています。今年は、甲子園経験者ではありませんが花巻東(岩手)からも入部しました。

 佐々木洋監督から、野球部に大巻将人くんという成績がいい子がいると連絡があったんで、実際に会いに行ったんです。受験対策をレクチャーして、彼専用の勉強部屋を作ってもらうようにお願いしたら、佐々木監督は二つ返事で作ってくれましたよ。

 さらにエンゼルス・大谷翔平投手の大ファンで、花巻東に行ってみたいという東大の女子マネジャーがいたので教育係につけました。その甲斐もあって浪人はしたけれども合格して、東大野球部に来てくれた。「君は可能性がある」って声を掛け続けた成果ですよね。

 この前、花巻東を訪ねたら大谷投手と菊池雄星投手の「MLBオールスター出場おめでとう」という垂れ幕と並んで「大巻将人君、東大合格おめでとう」っていう垂れ幕がかかっていて感激しましたね。大リーグで活躍する左右のエースと、東大合格者を出した野球部ってある意味最強じゃないですか。寮に特別扱いの勉強部屋を作るのは資金面もあるし、他の部員へ説明もしなければならないし、佐々木監督の素晴らしいマネジメントの成果ということでもありますね。環境を整えれば、メジャーリーガーも東大合格者も同じ野球部から輩出することができるんです。

 他にも春日部共栄(埼玉)の寮には「東大部屋」があるんです。本多(利治)監督が、これまで東大以外の東京六大学5校に野球部から選手を送り出したので、あとは東大だけだと、過去問題なんかを置いた勉強部屋を作ったんです。これまでに3人が挑戦してくれて、合格者はまだ出ていませんが、東大野球部を身近に感じてもらう面白い取り組みですよね。【続く】

○浜田一志(はまだ・かずし)1964年9月11日生まれ、高知県出身。土佐高校で野球部に所属し、東大理科二類に現役合格。野球部に入部し、4年時に主将を務めた。東大工学系大学院を修了後、会社員を経て1994年に文武両道を目指す学習塾Ai西武学院を開業。2013年から2019年まで東大野球部監督を務めた。2015年の東京六大学春季リーグで東大の連敗を94で止め、2017年秋には30季ぶり勝ち点を挙げた。(石川哲也 / Tetsuya Ishikawa)