コメントを発表「僕はリトルリーグに戻ったような感覚を得るときもあった」

 エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、ア・リーグの最優秀選手(MVP)を受賞した。2015年ハーパー以来6年ぶり史上19人目の満票受賞となり、日本人選手では2001年イチロー氏(マリナーズ)以来20年ぶり、史上2人目の快挙。同僚のマイク・トラウト外野手も「おめでとう、ショウヘイ!」と祝福のメッセージを送った。

 大谷は今シーズン、打者として155試合出場して打率.257、リーグ3位の46本塁打、100打点、103得点、OPS.965をマーク。投手でも23試合登板して9勝2敗、防御率3.18。156奪三振を記録し二刀流で全米を沸かせた。

 3度のMVP受賞を誇る同僚のトラウトは球団を通じ大谷に祝福のメッセージを送った。今季の活躍に「ショウヘイの今シーズンは刺激的に他ならないものだった。僕はリトルリーグに戻ったような感覚を得るときもあった。1人の選手が8回を投げホームランを打ち、盗塁し、右翼を守る姿を見るのは本当に信じられない」と衝撃を受けた様子。

 目を見張るのはプレーだけではないようで「僕が思うに彼の一番感心すべき点はフィールド内外での振る舞い方だ。(投球、打撃など)やるべきことがたくさんあるなかで、それでもなんとか笑顔を見せながらこなしてしまう。おめでとう、ショウヘイ!」と称えていた。(Full-Count編集部)