オールスターでは打者として「1番・DH」で出場し先発マウンドに上がる特別ルール

 MLBジャパンは19日、エンゼルス・大谷翔平投手が今シーズン達成した2つの偉業がギネス世界記録に認定されたことを発表した。この日は満票でのア・リーグMVPも獲得していた。

 まず1つ目は7月13日(日本時間14日)に行われたオールスターゲームでの史上初の二刀流出場。打者として「1番・DH」でスタメンに名を連ね、先発マウンドに上がる特別ルールが適用。打撃では2打数無安打に終わったが、投げては出場投手最速の100.2マイル(約161.3キロ)をマークするなど1回無安打無失点の内容で勝利投手になっていた。

 2つ目は「クインティプル100」。投手として100イニング、100奪三振をマークし打者として100安打、100打点、100得点以上をマークした初の選手となったことがギネスに認定された。(Full-Count編集部)