前田は4回から2番手としてリリーフ、自ら同点犠飛も

 第52回明治神宮野球大会第2日が21日、神宮球場で行われた。高校の部の第2試合では、大阪桐蔭が8-4で敦賀気比を下した。注目の1年生左腕・前田悠伍投手は4回から2番手として登板し6回2安打10奪三振、無失点の好リリーフを見せた。

 前田の出番は1点を追う4回。2番手としてマウンドに上がり3者凡退に抑えると、5回は3番・春奈陽登(2年)から始まる中軸を3者連続三振に仕留める快投。6回は2死から左前打を浴びたが、一塁牽制でアウトを奪い3人で終える。

 すると打線は6回、1死二、三塁の好機で前田が自ら左犠飛を放ち同点に追いつくと、続く伊藤櫂人(2年)が左中間へ適時二塁打を放ち逆転に成功した。7回にも田井志門(2年)、星子天真(2年)の連続適時打で2点を奪い、リードを広げた。

 前田は最速144キロの直球、チェンジアップ、スライダーを軸に危なげない投球を見せ6回2安打10奪三振、無失点の好投でチームを勝利に導いた。

逆転勝ちを呼び込む好救援を見せた前田は「いつでも準備はしていた。(気負いは)全然なかったです、自分の投球ができた」と語っていた。(Full-Count編集部)