2021年のプロ野球も大詰め。日本シリーズでヤクルトとオリックスが熱戦を展開中だ。2年ぶりに全143試合が実施されたレギュラーシーズンで、今年の注目ルーキーたちの戦いぶりはどうだったのか。セ・リーグ6球団のドラフト1位選手の成績を振り返る。

○ヤクルト:木澤尚文投手(慶大)
1軍:登板なし
2軍:22試合2勝8敗0S、防御率6.07

○阪神:佐藤輝明内野手(近大)
1軍:126試合101安打24本塁打64打点6盗塁、打率.238
2軍:8試合9安打1本塁打5打点1盗塁、打率.273

○巨人:平内龍太投手(亜大)
1軍:3試合0勝1敗0S0H、防御率14.40
2軍:38試合5勝4敗6S、防御率3.13

○広島:栗林良吏投手(トヨタ自動車)
1軍:53試合0勝1敗37S0H、防御率0.86

○中日:高橋宏斗投手(中京大中京高)
1軍:登板なし
2軍:14試合0勝5敗0S、防御率7.01

○DeNA:入江大生投手(明大)
1軍:4試合0勝4敗0S0H、防御率7.85
2軍:3試合0勝2敗0S、防御率6.00

DeNA入江は4戦4敗で8月に右肘手術、中日・高橋宏は2軍で14試合登板

 際立ったのは広島・栗林。53試合に登板し、リーグ2位で新人最多タイとなる37セーブをマークした。新人記録の開幕から22試合連続無失点、プロ野球2位タイの20試合連続セーブ、本拠地・マツダスタジアムでは27試合無失点と無双状態で防御率は驚異の0.86だった。侍ジャパン日本代表として金メダル獲得にも大きく貢献した。

 阪神・佐藤輝は天国と地獄を味わった。前半戦は打率.267、20本塁打の活躍だったが後半戦は失速。セ・リーグのワースト記録となる59打席連続無安打を喫し、この間に2軍落ちも経験した。173三振は球団ワースト記録。一方で24本塁打は球団新人最多だった。

 巨人・平内は3試合登板、防御率14.40に終わった。5月16日の阪神戦では2番手で登板し、1イニング持たずに降板して4失点。以降1軍での登板機会はなかった。DeNA入江は開幕ローテに組み込まれるも初登板から4連敗を喫してファームへ。8月に右肘のクリーニング手術を行った。

 1軍登板がなかったのはヤクルト木澤と中日・高橋宏。木澤は11月1日の今季最終戦に1軍登録されたが登板機会はなかった。2軍では防御率6.07と苦戦した。セのドラ1で唯一の高卒ルーキー高橋宏は2軍で34回2/3を投げて経験を積んだ。

 即戦力として期待された大卒・社会人勢では栗林が圧倒的な成績を残し、佐藤輝は後半苦しんだ。平内、入江、木澤の大卒3投手は結果を残せず、高卒右腕・高橋宏は来季以降のステップ期間としてこの1年を過ごした。来季はどんな姿を見せてくれるだろうか。(Full-Count編集部)