島崎圭介さんは日本ハム新球場が建設される北広島市の市議を務める

 市議会議員になった元甲子園球児の夢が、花開こうとしている。2023年春に北海道北広島市で開業する日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」。立候補当時、目標に定めた2軍戦を誘致できる硬式球場は、世界に誇る開閉式屋根を持つ天然芝のボールパークへと変わった。北海学園大硬式野球部監督も務める島崎圭介さんは、なぜ北広島市議会議員になったのか。議員の仕事と野球の両立はどうしているのか。球界でも異色の“二刀流監督”に迫る前後編の前編。

 現在2期目の島崎さんは男性議員最年少の50歳ながら、議会運営委員長の要職に就き、自民党会派の幹事長も務めている。「僕が小さい頃に北広島団地ができ、当時は子どもも多くて最盛期でした。人口減少には勝てないですけど、ボールパークもあるし、楽しいし、ここに住みたいねと思ってもらえる街にしたいです」。眼前に広がる新球場建設の様子を眺めながら、故郷の発展にかける思いを熱っぽく語った。

 北広島市に引っ越したのは3歳の時。小、中と地元の野球チームで活躍し、北海高では投手として3年夏の甲子園、北海学園大では2年春の全日本大学選手権に出場した。プロ2球団から調査書が届いて期待したドラフト会議では指名がなく、NTT北海道に進み、都市対抗にも2度出場した。25歳で現役引退した後は働きながら教員免許の資格を取って札幌日大高の教員に転職。監督として2002年春の甲子園も経験した。

 選手としても指導者としても成功体験を持つ野球エリートが政治に興味を持ったのは、民主党が政権を取った2009年だった。中学の先輩が北広島市議会議員補欠選挙で当選。議員はどういうことをするのか調べているうちに、当時の事業仕分けで総合運動公園建設の事業費がカットされたことを知った。

 総合運動公園には市内初となる硬式野球場の建設も含まれていたため、憤慨した。同時に、どうしたら実現できるのかを真剣に考えた。「議員という立場になれば政策提案できると思い、勉強を始めました」。2013年に自民党の政治塾に飛び込み、政策提案すれば市を動かせることを学んだ。「市民としてやりたいと思っても、議会が反対すればできませんから」。総合運動公園の実現を旗印に2015年春の選挙に立候補し、30人中3位の得票数を得て初当選した。

北海学園大監督として30年ぶりに全日本大学選手権出場を果たす

 晴れて議員になると、早速公約実現のために動いた。雪捨て場になっていた建設予定地について第三者の評価を得るため、国土交通省への補助金応募を後押しして、1490万円を獲得。東京のリサーチ会社に依頼して、魅力のある土地であるという評価をもらった。その上で日本ハムの2軍の試合ができる規模の硬式野球場を建設したいと球団関係者に相談すると、ちょうど球団は水面化で札幌ドームからの移転先を探し始めたタイミングだった。

 結果的に札幌市との誘致合戦を制し、総工費600億円をかけた新球場のほか、商業施設やマンションの建設計画も進む。市の知名度は一気に上がり、昨年度のふるさと納税額は2億7000万円を超えた。

 野球場をきっかけに市議会議員になった島崎さんだが、政策がスポーツに偏っているわけではない。「公園の電気が切れているから見に来てほしい」といった地域の人々の生活にまつわる声を聞いて改善に動く一方、将来を見据えた政策提案まで活動は幅広い。観光協会の一般社団法人化を政策提案し、新球場完成後の国内や海外からの観光客受け入れ体制を整えたり、市外に通う高校生の通学支援助成を実現させるなど奔走する。

 島崎さんにとって市議会議員と並ぶもう一つの軸である北海学園大の監督としては、就任2年目の今年6月に自身が出場した1991年以来30年ぶりとなる全日本大学選手権出場を果たした。

 市議会議員と監督の“パラレルキャリア”で結果を出している島崎さんは、スポーツ選手にセカンドキャリアとしての市町村会議員を勧める。「地元に帰って、自分でスポーツ教室を開いたりしながら、議員として生まれ育った地域のために活動する。人脈を含めスポーツ界で様々なものを養ってきた人にピッタリだと思います」と説いた。

〇島崎圭介(しまざき・けいすけ)1971年6月18日、札幌市生まれの50歳。3歳の時に広島町(現北広島市)に移住。北広島広葉中卒業後、北海高、北海学園大、NTT北海道で投手として活躍した。高校3年夏の甲子園、大学2年春の全日本大学選手権、社会人では2度の都市対抗出場を果たした。25歳で現役引退後に教員免許を取得し、札幌日大高の監督として2002年春の甲子園に出場した。政治家として医療の経験を積みたいと考え、2012年に同校を退職し、札幌市内の医療法人に管理職として勤務すると同時に、北海学園大のコーチを引き受けた。2019年オフに監督に就任し、今年の全日本大学選手権に30年ぶりの出場を果たした。北広島市議会議員選挙には2015年4月に初出馬して30人中3番目の得票数で初当選。現在2期目で議会運営委員長を務める。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)