オリ杉本は32本塁打、楽天島内は96打点で初タイトル

 2021年のパ・リーグは、オリックスがロッテとのデッドヒートを制して1996年以来、実に25年ぶりに頂点に立った。個人タイトル争いでも、史上初めて4選手が盗塁王を同時受賞するなど白熱した展開となった。今回はキャリア初のタイトルを獲得した6選手を紹介する。

 本塁打王に輝いたオリックス杉本裕太郎外野手は、昨年までの5年間で通算9本塁打。しかし、30歳を迎えた今季は序盤から4番に座り、打線の軸として大活躍した。本塁打王争いでは9月10日の西武戦で25号をマークしてトップに並び、10月7日の日本ハム戦で球団の右打者として31年ぶりとなる30号に到達。最終的には32本で2位のレアード(ロッテ)に3本差をつけ、初のタイトルを手にした。

 打点王を獲得したのはプロ10年目の楽天・島内宏明外野手。昨年までの最多打点は2019年の57だったが、今季は得点圏打率でリーグ2位の.328をマークし、得点圏での打点は77だった。本塁打も球団生え抜き最多の21本を放った。打点王争いでは5月21日のロッテ戦で34打点としてトップになると、6月11日の阪神戦では両リーグ最速で50打点に到達した。最終的には96打点でレアードを1点差で抑え、球団生え抜き選手では初の打点王となった。

 盗塁王はパ・リーグ史上初の30盗塁以下で4人同時受賞。そのうち3人が初タイトルとなった。西武の源田壮亮内野手は5月末に新型コロナウイルス感染を受けて一時離脱したが、24盗塁をマークした。球団新人記録の37盗塁(2017年)をはじめ、入団から3年連続30盗塁を記録しながら盗塁王に届かなかったが、5年目で初タイトルとなった。

盗塁王4人のうち3人が初タイトル、ロッテ荻野は最多安打との“2冠”

 ロッテは2選手が盗塁王に。22歳の若さで快挙を達成した和田康士朗外野手は、支配下1年目の昨季はリーグ3位の23盗塁をマーク。今季も代走だけで21盗塁を成功させた。盗塁成功率.828は、4選手の中では最も高かった。また、史上最少の24打席でのタイトル獲得となった。

 荻野貴司外野手は盗塁王に加えて、169安打で最多安打のタイトルも獲得した。プロ入り後、度重なる故障に泣かされてきたが、12年目の今季は自身初の全試合出場を果たし、序盤からコンスタントにヒットを重ねた。10月30日の今季最終戦(対日本ハム)で24個目の盗塁を決め2つ目のタイトルも手にした。36歳での最多安打はパ・リーグ最年長、盗塁王はNPB最年長記録となった。

 日本ハムからは堀瑞輝投手が最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。ショートスターターなどを任された2019年は防御率5.22、救援に専念した昨季も4.19だったが、今季はチーム最多の60試合に登板して防御率2.36。9月は9登板で9ホールド、防御率0.00を記録するなど42ホールドポイント(3勝、39ホールド)で、NPB最年少の23歳での最優秀中継ぎ獲得となった。(「パ・リーグインサイト」和田信)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)