球団ロッカー内での私物盗難被害の申し出がチーム内からあった

 ソフトバンクは24日、古谷優人投手の来季選手契約を締結せずに保留権を放棄し、自由契約選手公示の申請を行うと発表した。

 球団内で私物の盗難被害の申し出があり、警察と調査を行った結果、古谷が窃取していたことが判明した。古谷本人に聴取したところ、事実関係を認めた。球団は選手契約を締結し難い重要な事案であると判断し、来季の選手契約を締結しないことを本人に通達した。

 2016年のドラフト2位で北海道の江陵高からソフトバンクに入団した古谷。「胸郭出口症候群」を患い、投薬治療を行いながらプレーを続けてきた。2019年には3軍戦ながら日本人左腕最速の160キロをマーク。今季はプロ入り後最多の13試合に登板し、プロ初勝利もマークしていた。オフには左手の血行障害の手術を受けていた。(Full-Count編集部)