米記者たちが議論…POでの二刀流は「球界にとっても非常に重要なこと」

 エンゼルスの大谷翔平投手がリアル二刀流で歴史的な躍動を見せた2021年のメジャーリーグ。年の瀬が迫る中、米スポーツ局「CBSスポーツ」では、記者たちが来季への展望を語り合っている。「2022年に選手に送りたいプレゼントは?」との見出しで公開された記事では、エンゼルスのプレーオフ進出こそが「オオタニを十分に喜ばせる」と綴っている。

 メジャーでの4年間を終えても、いまだ届いていないプレーオフの舞台。来季こそ、是が非でもレギュラーシーズンで終戦ことだけは避けたい。記事でマット・スナイダー記者は「(レギュラーシーズンを終えた後も)10月を通じてオオタニが二刀流を披露することになれば、球界にとっても非常に重要なことだろう」と力説する。

 一方で「贈りたいプレゼントの主な部分は、マイク・トラウトに相応しい国際的な名声を与えることだ」とも。故障で今季をほぼ棒に振った“世界最高打者”が再び輝きを戻すことも重要だと説いた。ファンが待ち望むのは、「トラウタニ」の再結成。マイク・アクシサ記者は「明白な解答は、プレーオフを闘うためにオオタニとトラウトの周りを固めることができるいい選手を獲得することだ」と見据えた。(Full-Count編集部)