楽天瀧中、ロッテ佐々木千は飛躍の年に

 エンゼルスの大谷翔平投手を筆頭に、1994年4月から95年3月に生まれた「1994年世代」は注目される選手が多い。今オフに広島からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す鈴木誠也外野手らが世代を引っ張っている。そんな“大谷世代”の主な選手の今季を振り返っていきたい。

 1994年世代のトップを走るエンゼルス・大谷は投打の二刀流としてフル回転。9勝&46本塁打と規格外の活躍を見せた。オフは表彰ラッシュとなり、日本人初の満票MVPを受賞。真価を問われたメジャー4年目で満点の活躍を見せた。広島・鈴木誠も打率.317、38本塁打、88打点。2度の首位打者に輝き、カープの主砲として申し分のない活躍を見せた。大リーグへの移籍交渉はストップしているものの、来季は異国での活躍が期待される。

 世代を引っ張る2人だけでない。中日・柳裕也投手は防御率2.20、168奪三振で投手タイトル2冠を獲得。楽天の瀧中瞭太投手は開幕ローテーション入りして初の10勝をマークした。2016年ドラフトで外れ1位で5球団が競合したロッテ・佐々木千隼投手は自己最多54試合登板して8勝、26ホールド、防御率1.26と好成績。飛躍の1年となった。

広島12年ドラ1高橋大樹、中日の“新庄2世”武田健吾は戦力外通告

 阪神の近本光司外野手は178安打を放って最多安打のタイトルを獲得。ベストナイン、ゴールデングラブ賞にも輝いた。昨季首位打者のDeNA・佐野恵太外野手は2年連続の打率3割超え(.303)で自己最多72打点。巨人の松原聖弥外野手は球団歴代2位の27試合連続安打を記録した。

 一方で結果を残せなかった選手もいる。阪神・藤浪晋太郎投手は初の開幕投手を任されたものの、3勝3敗、防御率5.21ではやはり物足りない。高校通算43本塁打を放って2012年ドラフト1位で広島入りした高橋大樹外野手は今季の1軍出場はなく戦力外通告。12球団合同トライアウトに参加した。

 俊足強肩でパンチ力もあり、「新庄2世」と呼ばれた中日・武田健吾外野手は今季開幕から1軍フル帯同。移籍後最多93試合出場したものの、戦力外通告を受けて合同トライアウトに参加した。2022年の1994年世代は28、29歳と球界を引っ張っていく年代に。多くのブレークを期待したいところだ。(Full-Count編集部)