巨人・秋広は22年から「55」を着ける、ハム細川は21年に6試合先発出場

 コロナ禍の中、東京五輪開催に伴う休止期間を挟み2年ぶりに各球団が全143試合を実施した2021年のプロ野球。高卒5年目のオリックス山本由伸投手、同4年目のヤクルト村上宗隆内野手がMVP、同2年目のオリックス宮城大弥投手が新人王を受賞するなど若手の台頭が著しかった。ここでは2022年シーズンのブレークが期待される、10代の若手10選手を紹介する。オリックス紅林弘太郎内野手、DeNA森敬斗内野手ら2002年早生まれの高卒3年目を迎える選手は除いた。

〇来田涼斗外野手(オリックス=2002年10月16日生まれ)
 明石商から2020年ドラフト3位で入団し、7月13日の日本ハム戦(釧路)に「7番・左翼」で1軍デビュー。1回の初打席で初球を捉えて右越え本塁打を放った。この試合は3打数3安打2打点1盗塁の活躍だった。1年目の成績は23試合で打率.211(71打数15安打)2本塁打8打点。ウエスタン・リーグでは89試合で打率.255(321打数82安打)2本塁打26打点5盗塁だった。

〇秋広優人内野手(巨人=2002年9月17日生まれ)
 二松学舎大付高から2020年ドラフト5位で入団。身長2メートル、体重95キロの大型選手は高校では投手も兼ねたがプロでは野手に専念し、春季キャンプ、オープン戦で1軍に抜擢されて注目を集めた。1軍では9月29日の中日戦で代打でデビューし、左飛だった。イースタン・リーグでは82試合で打率.229(275打数63安打)8本塁打26打点3盗塁。2022年は、背番号が「68」から松井秀喜氏が着けていた「55」に変わる。

〇内山壮真捕手(ヤクルト=2002年6月30日生まれ)
 星稜高から2020年ドラフト3位で入団。4月6日に「特例2021」の代替指名選手として初めて1軍に昇格。5月にも再び登録され、全て代打で6打席5打数無安打1三振1四球だった。7月のフレッシュオールスターでは本塁打を放ち、MVPを受賞し賞金100万円をゲット。イースタン成績は74試合、打率231(238打数55安打)8本塁打25打点2盗塁だった。高校の先輩・奥川恭伸投手とのバッテリー実現が期待される。

〇細川凌平内野手(日本ハム=2002年4月25日生まれ)
 智弁和歌山高から2020年ドラフト4位で入団。新庄ビッグボスのお眼鏡にかないそうなスピードスターだ。2021年6月2日に右手有鈎骨の鈎切除術を受け、8月末に実戦復帰した。10月18日の楽天戦に「8番・遊撃」で1軍デビューし、計9試合に出場。そのうち6試合が先発だった。1軍成績は9試合で打率.200(25打数5安打)、12三振。

〇土田龍空内野手(中日=2002年12月30日生まれ)
 近江高から2020年ドラフト3位で入団。9月3日に1軍登録され、9試合で打率.400(5打数2安打)をマークした。「8番・二塁」で初先発した9月12日のヤクルト戦では2失策と貴重な経験を積んだ。ウエスタンでの成績は89試合、打率.240(204打数49安打)1本塁打22打点9盗塁。

広島・小林は燕・村上から2三振、20年高卒ドラ1の3選手は1軍出場機会なし

〇小林樹斗投手(広島=2003年1月16日生まれ)
 智弁和歌山高から2020年ドラフト4位で入団。シーズン当初はファームで体作りに励み、ウエスタンでは8試合登板、0勝2敗、防御率3.30。シーズン最終戦だった11月1日のヤクルト戦(神宮)でプロ初登板初先発。3回2/3を6安打6奪三振6失点だったが、村上から2三振を奪うなど大器の片鱗を見せた。

〇高橋宏斗投手(中日=2002年8月9日生まれ)
 中京大中京高から2020年ドラフト1位で入団。高校では最速154キロをマークし、世代ナンバーワンと評された右腕はウエスタンで14試合登板、0勝5敗、防御率7.01だった。目指していた1軍登板は2022年シーズンに持ち越しとなった。

〇山下舜平大投手(オリックス=2002年7月16日生まれ)
 福岡大大濠高から2020年ドラフト1位で入団。身長189センチ、93キロの大型右腕は1軍登板はなく、ウエスタンで18試合登板(17先発)、2勝9敗、防御率5.48だった。2年目の2022年は1軍デビューが期待される。

〇井上朋也内野手(ソフトバンク=2003年1月28日生まれ)
 花咲徳栄高から2020年ドラフト1位で入団。高校通算50本塁打を誇る将来の大砲候補は1軍出場機会はなかったが、ウエスタンで45試合、打率.246(122打数30安打)3本塁打11打点。3軍で70試合、打率.256(242打数62安打)、8本塁打41打点と貴重な経験を積んだ。

〇中山礼都内野手(巨人=2002年4月12日生まれ)
 中京大中京高から2020年ドラフト3位で入団。遊撃手として坂本勇人の後継者候補の一人とされ、1軍出場機会はなかったが、イースタンで44試合、打率.309(165打数51安打)をマーク。特に9、10月は21試合で打率.380(79打数30安打)をマークし、9・10月度の「スカパー!ファーム月間MVP賞」を受賞した。(Full-Count編集部)