渡部健人は19発&64打点でイースタン2冠王に

 西武は2021年、55勝70敗18分けで1979年以来、実に42年ぶりに最下位に沈んだ。チーム打率.239はリーグ4位、本塁打112本は同4位、521得点は同5位と持ち前の打力は影を潜め、チーム防御率3.94、589失点はリーグワーストだった。2022年の巻き返しへ、若手のブレークは不可欠。ここでは活躍が期待される有望株を取り上げる。(2022年の満年齢)

〇渡邉勇太朗投手(4年目・22歳)
 浦和学院高から2018年ドラフト2位で入団した身長191センチの大型右腕は、今年6月9日のDeNA戦で1軍デビュー。先発に回った8月15日の楽天戦で初勝利を挙げるなど計4勝をマークした。後半戦の先発9登板で4勝2敗、防御率3.21。来季は2桁勝利が期待される。

〇水上由伸投手(2年目・24歳)
 四国学院大から2020年育成ドラフト5位で入団し、5月13日に支配下登録。6月11日の中日戦で1軍デビューし、デビューから17試合連続無失点のパ・リーグ新記録を樹立した。今季の成績は29試合で0勝1敗4ホールド、防御率2.33。来季は勝ちパターンでの登板を目指す。

〇渡部健人内野手(2年目・24歳)
 2020年ドラフト1位で桐蔭横浜大から入団した大砲候補は、4月4日のソフトバンク戦で1軍デビュー。いきなり本塁打を放つも16打数1安打と苦しみ、同19日に出場選手登録を抹消された。その後1軍に昇格することはなかったが、イースタン・リーグでは90試合で19本塁打64打点をマークして2冠王に。身長176センチ、体重112キロの巨漢選手は大きな可能性を秘める。

44試合で20盗塁の韋駄天・若林は故障からの完全復活なるか

〇若林楽人外野手(2年目・24歳)
 駒大から2020年ドラフト4位で入団したスピードスターは今季、開幕1軍を果たして4月上旬には1番に定着。持ち前の脚力で盗塁を量産していたが、5月30日の阪神戦で左膝前十字靱帯を損傷する不運に見舞われた。1年目は44試合で打率.278(144打数40安打)、2本塁打、20盗塁。今季パ盗塁王の盗塁数は24で、怪我がなければタイトルを手にしていた可能性が高い。復帰時期は不透明だが、戻ってくれば大きな戦力になるだろう。

〇タイシンガーブランドン大河内野手(2年目・24歳)
 東農大北海道オホーツクから2020年ドラフト6位で入団。若林とともに開幕1軍切符を掴み、3月30日の日本ハム戦で初アーチを放ったが、その後は1軍と2軍を行ったり来たり。1軍成績は32試合で打率.247(81打数20安打)3本塁打8打点だった。2軍では6月に月間打率.408で「ファーム月間MVP」を受賞するなど、打率.273、10本塁打をマークした。

 2021年ドラフト会議では、先発左腕の即戦力候補として、1位で西日本工大の隅田知一郎投手、2位で筑波大の佐藤隼輔投手を指名。課題だったサウスポーの補強にも成功した。辻発彦監督が就任6年目を迎える2022年、若い選手が力を発揮すれば2019年以来のリーグ制覇も見えてくる。(Full-Count編集部)